トーカイテイ行

友人宅の庭と外周を整地する

友人宅の庭と外周を整地する

耕し修復し、ユキヤナギを植えたことで山の丘側の管理は区切りがついた。今この場所で出来ることはユキヤナギが育つのを待ちながら雑草を刈り続けることだけだろう。4月にもなるとハコベが大量発生して凄まじいことになるので一時も目を離せない。丘の方に目を配りながらも、次は友人の自宅側を管理することにした。丘を登った先に友人の住む家屋と庭が存在し、水やりの際に往復する水桶などもそこにある。大分自然に侵食されてい...

山中にユキヤナギを植える

山中にユキヤナギを植える

砂利を除去し、地崩れを直したことでようやく植栽を行える環境が整った。しかし多少直したからといって正直あまり良い植栽環境ではない。従って環境を物ともせずに育ってくれる花木を先駆けとして植える。私の一押しは何と言ってもユキヤナギだ。極めて耐寒/耐暑性が高く、渓谷に自生しているからか多くの植物が苦手とする多湿にも強い。その上でかなりの乾燥にも耐え、肥料は殆ど必要ともせず、病気や害虫にも強い。日光さえ当た...

崩れた坂を修復する

崩れた坂を修復する

最近、いつかこの荒地を花木で埋め尽くす計画の手始めとして、39日を消費し山中の砂利を除去することに成功した。続き、これからの山の管理における課題は何かといえば地崩れだろう。元々は竹に飲み込まれていたこの山だったが、それらが風に煽られると度々地崩れを起こしていた。特に画像中心辺りの地崩れ部分にはとりわけ高い竹が生えており、去年の台風の日に風に煽られ見事に地崩れを起こしたのである。重機を入れられれば早い...

どうしようもない土壌をどうにかする

どうしようもない土壌をどうにかする

見渡す限り見事に荒れ山だ。何時かはこの山を花木で埋め尽くそうと考えているが、どうしようもない問題が散見していて何から手をつけていいやら迷いに迷う。迷うのだが、まずは植物を植える為に根本的な問題を解決しなければならない。このどうしようもない程に絶望的な土壌である。石や瓦礫が所狭しと転がっており、植栽がどうとか言っている段階ではない。振り下ろしたスコップが金属音と共に弾かれた時は流石に参った。これが表...

コマドリ造園所有の荒廃した山の記録

コマドリ造園所有の荒廃した山の記録

私は今この荒廃した山を管理している。そこそこの間管理を放棄されていた場所で、景観はすこぶる悪い。ちなみに土地の所有者は私が仕事で世話になっている友人だ。20ほど年が離れているがとても気の合う盟友である。今は荒野だが数年前はとにかく緑緑していた。つる類は隣地に侵食し、伸びる竹は天を貫くよう私が連日仕事終わりに通い伐採し続け、今の状態に落ち着けるまでは半年程かかった。例えばこんな場所はこんな感じで緑緑と...