トーカイテイ行

元砂利敷き駐車場を整地する

元砂利敷き駐車場を整地する

丘の一番下に位置するデッドスペースを整地することにした。元は駐車場として用意された場所だったが、ほぼほぼ自然に飲み込まれ出番の無かったスペースだ。砂利を掘り、ふるいにかけて土と分けていく。尚、転がっているタイヤなどは不法投棄されたゴミである。そこそこ軽い気持ちで始めたが思っていたより大変かもしれない。今年初めに山中の砂利をふるいにかけて回ったが、その時と一番違うのは温度だろう。1月と8月の炎天下では...

防火水槽上部の整地をする

防火水槽上部の整地をする

友人の庭の上部にあるこの土地は防火水槽として市に貸し出している。よって市に依頼された業者が年に1、2回このスペースのみ除草してくれるのだが、当然彼らは忙しくそう易々と訪れてはくれない。貸し出している以上あまり手はつけられないが、一度竹、笹、葛などの根絶だけはさせて貰う。理想は上にまっすぐ伸びる雑草だけが蔓延る状況だ。家側やフェンスを越えて公道までつるがはみ出る今の状況は看過できない。奥に落ちている2...

グランドカバーと雑草との戦い

グランドカバーと雑草との戦い

季節は6月も半ば、春と比べて気温も大分上がった。冬に丘に植えたユキヤナギは順調に育っている。同じく雑草も元気に育っている。これを見張り、週に1度山全体の雑草を抜いて回るのが今の私のルーチンだ。梅雨の季節は降雨の度に怒涛の勢いで草が顔を出す。可愛いのは数日だけで1、2週間放っておけばあっという間に草原になる。人間一人でこの山を管理するには手をつけられる間にどうにかするしかない。梅雨の雨を浴びながら山中の...

左擁壁天端の植え枡を整地する

左擁壁天端の植え枡を整地する

今私はフェンスの内側、擁壁の天端の整地に取り組んでいる。写真に写っているのは前回整地した部分だ。そして扉を挟んだ此方側が今回整地を行うスペースだ。50cm程の植え枡に雑木、椿、実生の松などが所狭しと生えている。下から見るとこんな感じだ。正直どうしようもない。どうしようもないがどうにかするしかない。とりあえず幹を40cm程残して頭を飛ばした。相変わらず擁壁の下は大変なことになっている。また片付けに半日くら...

右擁壁天端の植え枡を整地する

右擁壁天端の植え枡を整地する

山の下手に位置する丘の管理が一区切りついたので、今日も友人の庭側の管理に着手する。正確には庭の外周にある擁壁天端の整地だ。このガードレールとフェンスの内側、高さ的には3m程下に友人の庭が存在する。整地の為に上述した写真のフェンスの内側に回りこみたい。が、そこに通じる唯一の通り道が上記画像の状態になっておりとても通れたものではない。まずはここから手を付けていく。バサバサと伐採して表面だけはひとまず綺麗...

丘中に花木とグランドカバーを植える

丘中に花木とグランドカバーを植える

先日この荒廃した丘に計60本(追加発注を+して90本)のユキヤナギを植えた。しかしユキヤナギだけでは景色の色が単調になってしまうと個人的には考える。ピンクユキヤナギは良い色を出してくれるだろうが、それ以上の鮮やかさが欲しい。よってひとまず木瓜を購入してきた。木瓜はユキヤナギよりやや早いか同時期に花を咲かせてくれる。赤星病の防除を行うのが若干手間だが、それ以上に木瓜は美しい。八重の庭桜(プルヌス・グラン...