トーカイテイ行

平戸ツツジ | 貴婦人(キフジン)

平戸ツツジ | 貴婦人(キフジン)

開花時期:4月中旬平戸ツツジの一種。淡い薄ピンクの花弁を濃いピンクが縁取っている状態で咲き始めるが、咲き進むにつれてピンク同士が溶け合って画像のような色合いに変化していく。その状態で花弁に陽光が当たると煌々と輝き、極めて美しい宝石のような花になる。本種は平戸ツツジであることから、枯らす方が難しいレベルで強く扱いやすい。これだけ美麗な花を咲かせつつ強健だなんて最強である。唯一の注意事項は半日陰に植え...

交配系ツツジ | はるか

交配系ツツジ | はるか

開花時期:3月下旬白花タンナゲンカイツツジ(有鱗片シャクナゲ)と有鱗片シャクナゲの交配品種。とても淡々しく朧げで形容のし難い色をしている。モチ・岸ツツジ系のピンク色とも違い、藤色を薄くしたようなパステルカラーが非常に神秘的。薄い花弁は光が当たると透き通り色がコロコロと変わって見え、何れも唯一無二の幻想的な花色を誇る。同色のツツジは他に存在しないと言い切れるくらいに個性のある色合いをしており、日差し...

久留米ツツジ | 紫水晶(ムラサキスイショウ)

久留米ツツジ | 紫水晶(ムラサキスイショウ)

開花時期:4月上旬久留米ツツジの一種で、作出年月は不明。花は藤色がかった淡いピンクで、花弁の中心は強めの黄緑色をしている。二重咲きで花弁が厚く、この色調の系統では珍しく咲き進んでも色同士が溶けずにくすむ。その僅かにくすんだ花色が名前どおりに紫水晶を想起させ美しい。花弁のふちがピンクで強調されたツツジは多いが僅かに暗めの色合いを持つ本種は個性が強く、咲き終わりの頃には独特な暗紫色になる。取り扱いにつ...

岸ツツジ | 若鷺(ワカサギ)

岸ツツジ | 若鷺(ワカサギ)

開花時期:4月中旬岸ツツジの園芸品種。古典園芸種で江戸時代の文献「花壇綱(1681)」にも記述があるなど歴史は古い。花弁は白に近い淡いピンクで中心に薄紫の線が入り、咲き進むと色同士が溶け合って非常に幻想的な色合いに変化していく。そうして色が変化した後に日が当たると上記の画像どおり宝石のように輝いてくれる。控えめに言って宝石よりも美しい。花弁は6枚が基本だが時折僅かに少なかったり多かったりする。岸ツツジら...

中国原産ツツジ | ホンコンエンシス(hongkongensis)

中国原産ツツジ | ホンコンエンシス(hongkongensis)

開花時期:4月上旬中国を原産地とするツツジ。少し暗みがかった淡いライトピンクの花を咲かせる。花弁はとても分厚く重厚で、色と合わせて非常に上品な印象。葉と花の性質は愛媛県の極一部に自生するトキワバイカツツジによく似る。詳しい来歴は殆ど不明だが性質は至って強健で扱いやすく、日向にも半日陰にも適応する。とても育てやすく花が美しいながらも、私が育てている個体以外を街の庭で見かけたことはまだない。ネットなど...

ヒカゲツツジ | ピンクヒカゲツツジ

ヒカゲツツジ | ピンクヒカゲツツジ

開花時期:4月初旬屋久島姫ハイヒカゲ(有鱗片シャクナゲ)とラセモーサム(有鱗片シャクナゲ)の交配種。白紫色の花弁に紫味がかったピンクが混じり、気高い陶磁器のような色をしている。花付きと花持ちは大変良く、咲き進むと色同士の境界線が薄れオーロラのように色づく。極めて美しい上に有鱗片シャクナゲの中だと扱いがかなり楽な方で育てやすい。交配親のハイヒカゲよりも日光を好み強健。ただし直射日光への耐性は個体の樹...

久留米ツツジ | 都美人(ミヤコビジン)

久留米ツツジ | 都美人(ミヤコビジン)

開花時期:4月中旬久留米ツツジの一種で、大正時代に作出。花はどことなく和を感じさせる朱と白の上品な絞り咲きで、二重咲き。絞りの発現がかなり安定する品種で、殆ど絞りが出ない花でも朱の色点が付く。おしべがかなり短く、めしべしか目立たない特長的な花形をしている。久留米ツツジの中でも殊更小輪だが、多花性で非常に密に咲く。詰まった蕾が押し合いながら少しずつ開いていく様はとても美しい。やや遅咲きで、早咲きの久...

琉球ツツジ | 琉球絞り(リュウキュウシボリ)

琉球ツツジ | 琉球絞り(リュウキュウシボリ)

開花時期:5月上旬花は白地に薄紫の線や点がランダムで入る、二重咲きの絞り咲き。現存する文書で確認する限り、大正時代には庭で扱われていた古典園芸品種。絞り咲きをするツツジの中だと絞りの発現が安定しており、株に咲いた花に絞りが一つも入っていないというような事態はほぼ起きない。クレープ&バニラのアイスクリームのような色彩で大変可愛いらしい。食べてしまいたくなる。尚、絞り咲きの品種は幼苗だと絞りの発現が悪く...

ゲンカイツツジ | 白花玄海ツツジ

ゲンカイツツジ | 白花玄海ツツジ

開花時期:3月下旬玄海ツツジの白花品種で有鱗片シャクナゲの仲間。不気味なくらいに白く、背景が透けて見えるかと錯覚する程に花弁が薄い。特に太陽が当たると幻想的なまでにキラキラと輝き透ける。まるでホワイトサファイアのようで、この輝きは玄海ツツジでしか見ることが出来ない。エゾムラサキツツジの白花とは造形がかなり似るが、本種の方が剣弁。角度を変えると尖って星型のようにも見える。上述したが花弁の薄さが一番の...

エゾムラサキツツジ | 白花エゾムラサキツツジ

エゾムラサキツツジ | 白花エゾムラサキツツジ

開花時期:3月下旬エゾムラサキツツジの白花種で有鱗片シャクナゲの仲間。少しぞっとするくらいに真っ白で、花弁に蜜標は殆どかからない。正に真っ白な花を咲かせる。近縁の玄海ツツジ程ではないが花弁が薄く、日光が当たると透けて輝く。基本種のエゾムラサキとセットで育成を始めたが、北海道出身の彼らがはたしてこの暑い関東平野で育つのかとそこそこ恐怖していた。育ててみた感想としては案外いける。ただし、実際に北海道で...