エクスバリーアザレア | ゴールデンフレア(Golden Flare)

2022年05月17日
ツツジ
ゴールデンフレアの花

開花時期:4月中頃

エクスバリーアザレアの一種で、系譜的にはSweet Azaleaやレンゲツツジの遠孫。

花色はまるで濃いチーズ菓子のようで、キレンゲツツジの黄色とはかけ離れた鮮やかな濃黄色。
名前のゴールデンという表現がとても上手くはまっている。

ゴールデンフレアの花

花弁も分厚く派手な色と合わせてまるで木に咲く百合のよう。
是非庭に進んで植えて欲しいが、とにかく乾燥に弱いのが難点。

若干だが近縁のレンゲツツジよりは日差しと乾燥に強くなっているので、
本種は水切れにさえ気をつければ育成は易い。


写真


ゴールデンフレアの花


取り扱いについて


特性

日光を好み、そこそこの直射日光にも耐えるが乾燥にだけは弱い。

特に植えて1~2年は春の急激に暖かくなる時期(5月上旬、新芽が固まる前)と
夏の7~9月は神経質に水をやった方が間違いが起きない。

耐陰性が強く割と日陰めに植えても花が咲くので、不安なら半日陰の場所に植える。
やたらとハバチが付くので定期的な殺虫は欠かさない方が良い。


剪定

一応ツツジだがあまり刈り込むような木ではない。
ポリシーなどの問題ではなく、萌芽力が強くないので一本一本の枝がとても貴重になる。

特に古枝の根元から出てきた新芽は我が子のように可愛がろう。
それが伸びたときに古い枝を根元から落とせば樹形を小さく維持することが出来る。

尚、エクスバリーアザレアは花終わりに子房ごと花がらを除去し、
種を作らせないように心がけると樹勢が弱らずに良く育つ。
結実すると枝が枯れるレベルで弱るので、花がらを取るのは早ければ早い程良い。


雑記


絵1

この世にエクスバリーアザレアという存在があるのはネットで幼少の頃より認識していたが、
実際に現実世界で見かけることは全くない。

往々にしてよく見る花木というのは樹勢が強いもので、 見ないということはつまりそういうことなのだろうと
私は今までエクスバリーアザレアを育てようという気概を持つことはなかった。


絵2

しかし近所の花屋の特売コーナーに本種が転がっているのを2年間眺めてから、その考えを改めた。
幾ら大事に水やりされているからとはいえ、置いてあるのは遮蔽物も何もない直射日光下のコーナーである。

足しげく様子を見に行ったが枯れる様子もなく、やがてコーナーに売っていた本種らを買い占めた。
枯らせば二度とエクスバリーアザレアは買わないと不退転の覚悟を決めたが、結果から言えば杞憂であった。


萎れたゴールデンフレアの葉

ただし繰り返すが乾燥には弱い。
背丈が70cmくらいの苗を地植えで育てていた2年目の5月上旬、
大雨の日から3日後に葉がしおれ出した時の衝撃は今でもよく覚えている。

半日陰気味で育てていた個体や近縁のレンゲツツジも含めてのことなので尚更だった。
急いで水をやったところ2時間ほどで葉が元気に戻ったが、気を抜けないにも程が有る。

本種を育てる時は水やりだけは忘れないようにしたい。
マルチング(木の根元を腐葉土などで覆う)するだけでも大分変わる。