エクスバリーアザレア | ジャックアンドサンド(Jack A. Sand)

2022年05月17日
ツツジ
ジャックアンドサンドの花

開花時期:5月上旬

クリーム地に黄とピンクが合わさった非常に幻想的な花を咲かせる。

実際に目前で咲いた現物を確認するまではこんなに凄いものが本当に咲くのかと信じ難く思っていたが、
確かに紛うことなく宝石のような花が咲いた。

あまりに風変わりで、事前に本種を知らなければツツジの仲間とさえ気が付かないかもしれない。

ジャックアンドサンドの花

本種はエクスバリーアザレアの一種で、レンゲツツジやSweet Azaleaを掛け合わせて作られた一群の内の一つ。
花の一つ一つが宝石のようで、日々進化していくツツジもついにここまで来たと感心しきり。

特に育成に難はないが、品種全体の特徴としてエクスバリーアザレアは乾燥に弱い。

水やりさえ失敗しなければそんなに難しい品種群ではないが、
水やりの感覚を掴むまでは少々ひやひやすることがあるかもしれない。


写真


ジャックアンドサンドの花2


取り扱いについて


特性

日光を好むが若干繊細で、丁度良い日差しの場所に植えるのは案外難しい。

好みの日当たりを見つけてやれれば花付きと成長は非常に良くなるので
始めは葉焼け覚悟で日光の当たる場所に植え(西日は少し分が悪い)
葉焼けの具合と相談しながら日陰に向かって動かしていく方法も良い。

調整が難しければ7月~9月まで日除けで覆ってしまうのも有り。

種の特長としてとにかく乾燥に弱いので、植えて2年程は毎日朝夕様子を見てやると吉。
葉がしおれていても時間が経っていなければ給水ですぐに元通りになる。


剪定

一応ツツジの区分だが、あまり刈り込みはしない方が良い。

萌芽力が弱く、へんに枝先を落としてしまうと枝ごと枯れることもまま有る。
新枝を大事にしつつ、伸びたら古枝と更新したい。

補足として、花後に花がらを子房ごと除去すると樹勢が弱らずに良く育つ。
実を作らせてしまうと露骨に樹勢が弱り、実がついた枝が最悪枯れるので注意。

エクスバリーアザレアの樹形が崩れる理由の殆どが結実なので、
花が萎れだしたらすぐに根元から取ってしまうのが吉。


雑記


絵1

あまり言いたくはないが、販売サイトの写真と実際に届いたもので
花色や造形が違ったりすることは園芸の世界ではそこそこある。

花のサンプル画像にカラー補正がかけられていることは特に多い。

そうした事態を避ける為にも事前にネットで色々と調べるのだが、最新品種や海外品種などは
日本での知見が少なく、そもそも調べても情報があまり出てこない。


絵2

そういう時は英語圏のサイトを調べるとそこそこ情報が出てくる。
例えば本種はAzalea jack A. sandで検索すれば候補が山盛りだ。

ただし英語圏のページは日本のものと比べて無法地帯であることが多く、
油断すると情報と引き換えにパソコンとお別れすることになるので注意しよう。