エクスバリーアザレア | ジャックアンドサンド(Jack A. Sand)

2022年05月17日
ツツジ
ジャックアンドサンドの花

分類・エクスバリーアザレア(落葉樹)
開花期🌸:4月下旬
4月下旬から5月上旬にかけて花を咲かせる。

扱いやすさ・★★☆☆☆ 若干難しい
エクスバリーアザレアとしては一般的な樹勢を持ち、常緑系のツツジと比べると扱いが若干難しい。
日差しにはあまり強くないので明るい半日陰に植えると良い。
より正確に説明すると日差しに伴って生まれる土壌の乾燥環境に弱い様子で、
日当たり如何よりも若干湿った場所に植えると良い状態で真夏を乗り越えやすい。

暑さ🌞 : 少し弱い。真夏の直射日光は避ける。
寒さ⛄ : 強い。東京では全く気にする必要がない。
乾湿💧 : かなり乾燥に弱く、やや湿気を好む。


概要


エクスバリーアザレアの八重咲き品種。
クリーム色に黄色とピンクが合わさったような、とても不思議な色合いの花を咲かせる。

おしべは花弁化して存在せず中心にめしべを残すのみで、一般的に想像されるツツジの花とは大分かけ離れた形状を持つ。
幻想的というかメルヘンというか、派手が多いエクスバリーアザレアの中でも本種は非常に見目良い。
若干花弁がフリルがかっており、可憐さに拍車をかける。素晴らしい。


ジャックアンドサンドの花

エクスバリーアザレアの中でも一重咲きの旧品種などと比べると若干樹勢が落ちる。
特に苗の頃は直射日光と乾燥には著しく弱く、真夏が高温多湿地獄になりがちな近年の東京で育てるのは中々難しい。
しかし良い場所にさえ植えられれば案外上手くいくので、一箇所で失敗しても諦めず場所を動かしてみると良い。

庭に植えるのならば土壌が若干湿った場所で、明るめの半日陰が理想的。
午前中(午後でも良い)に数時間日光が当たるようだと更に良い。
とにかく土壌の乾湿がかなり重要で、乾きやすい場所に植えるとかなり厳しい。

株元に落ち葉をばら撒いておくとかなり育てやすくなる。


写真


ジャックアンドサンドの花2


取り扱いについて


特性

軒並み上述したが、やや湿った明るい半日陰に植えると良い。
本種に限らずエクスバリーアザレア種自体の特徴としても、乾燥には非常に弱い点に注意する。
上手く育ち根が張った後でも他のツツジと比べれば乾燥には覿面に弱いので、
真夏には定期的な水やりを忘れないようにした方が上手くいく。

理想的といえる場所に植えても気候や季節の環境次第では真夏に葉が萎れることがあり、
苗の頃ほど顕著に乾燥や水切れによる弊害を伴う。

植えて2年程は朝夕様子を見てやった方が失敗しにくい。
葉がしおれていても時間が経っていなければ給水ですぐに元通りになる。
乾燥には弱いが高温多湿には案外強い。


剪定

刈り込みはしない方が良い。
萌芽力が弱く、へんに枝先を落としてしまうと枝ごと枯れることもまま有る。

枝元に出てくる新枝を大事にしつつ、伸びたら古枝と更新したい。
剪定のタイミングは花後で、新枝や逆枝を間引く。
東京だと10年は剪定がいらないような成長の仕方をするので、あまり難しく考える必要はない。

補足として、花後に花がらを子房ごと除去すると樹勢が弱らずに良く育つ。
実を作らせてしまうと露骨に樹勢が弱り、最悪実がついた枝が丸ごと枯れるので注意。
水やりに問題がなければエクスバリーアザレアの樹形、樹勢が崩れる理由の殆どは結実が原因なので、
花が萎れだしたらすぐに根元から取ってしまうと良い。


雑記


絵1

落葉性ツツジの品種改良は長い歴史を持ち、17世紀には既にベルギーで様々な交配が行われていたようである。
エクスバリーアザレアは主に欧州を舞台に改良された品種だが、その歴史に違わない美しい花を見せてくれる。

最早花の接写をぱっと見ただけでは一瞬ツツジとは分からないかもしれない。
系統が似通うレンゲツツジを知っていれば恐らく面影を感じることだろう。


絵2

珍しい品種は大抵日本での知見が少なく、名前で調べてもほぼ情報が出て来ない。
そういう時は英語圏のサイトを調べるとそこそこ情報が出てくる。
例えば本種はAzalea jack A. sandで検索すれば候補が山盛りだ。

ただし英語圏のページは日本のものと比べて無法地帯であることも多く、
油断すると情報と引き換えにパソコンとお別れすることになるので注意したい。