西洋シャクナゲ | パーシーワイズマン(Percy Wiseman)

2022年05月18日
ツツジ
パーシーワイズマンの花

分類・西洋シャクナゲ(常緑樹)
開花期🌸:4月下旬
4月最下旬から5月中旬にかけて花を咲かせる。

扱いやすさ・★★☆☆☆ 若干難しい
一般的な西洋シャクナゲとしての樹勢や耐性を持つ。
総合的にみて育成はそんなに厳しくないが、苗木の時期の扱いが若干難しい。
特に真夏の東京では植えた場所次第で葉焼けや突然の枝枯れなど高温多湿に伴う害を生じることが多い。
一旦弱ってしまうと回復が難しく、始めに植える場所はよく精査した方が良い。

日差しは好むが育てる上で高温多湿が徹頭徹尾問題となる。
夏の西日が当たるような場所にはまず向かない。
ひとまず明るい半日陰に植えるのが一番良い。落ち葉で根元を覆うと更に良し。

暑さ🌞 : 少し弱い。真夏の高温多湿的環境を苦手とする。
寒さ⛄ : 強い。東京では全く気にする必要がない。
乾湿💧 : 乾燥に弱く、若干湿った用土を好むが夏の高温多湿には弱い。


概要


西洋シャクナゲの一品種。
屋久島シャクナゲの交配種で、多花性や花色の変化などが理想的に受け継がれている。
開花中は常に鮮やかなグラデーションを作り、クリーム、イエロー、ピンクが入り混じった幻想的な色彩の花を咲かせる。

これは花の開花時間に伴って花色が変化することにより生まれる色合いで、蕾の時は濃いワインレッド。
咲き始めは明るいピンク色で、咲き進むとクリーム色、黄色へと色が変わっていく。
花持ちもよく、場合によってはかなりの長い時間花が咲いている。


パーシーワイズマンの花

非常に神経を使う和シャクナゲと比べると、西洋シャクナゲはあらゆる面において強健で管理は楽。
本種は平均的な西洋シャクナゲの中だと中間くらいの樹勢を持つが、日本の真夏にはやはり弱い。
特に近年の真夏の東京では日に当てなくても西洋シャクナゲが突然死する場合があり、注意が必要。

真夏の直射日光下で高温多湿に晒されると弱るので、なるべく半日陰などに植えて様子を見たい。
苗の時は意識して日光が株元に当たらないように落ち葉などで根元を覆っておくと病気などのリスクを減らせる。

株が大きくなればあらゆる耐性が上昇するので、それまでは葉や生育状態などをまめに観察する。
ただし高温多湿を伴う病害は気が付いた時には手遅れであることが多い。


写真


パーシーワイズマンの花2  パーシーワイズマンの花2

花の造形はシンプルだが色彩が凄まじく鮮やかで花持ちも大変素晴らしい。
日光が当たるとキラキラと輝き、メルヘンチック極まれり。
とにかく色合い豊かに尽き、本種一本で庭が花畑のようになる。


取り扱いについて


特性

陽樹で日光を好むが、遮蔽物無しの夏の直射日光を受けると葉焼けを起こし樹勢を弱らせてしまう。
特に真夏のにわか雨+強烈な日差しにより生まれる高温多湿は本種の樹勢を大変落とすので、
庭植えにする場合は明るめの半日陰か落葉樹の下に植えると良い。

午前中のみ日差しが届くような環境が理想だが、それでも苗木だと夏に成長障害を起こすことがあるので注意。
育っても夏の西日が延々と当たるような場所には向かない。

少し目を離すと表土がカラカラに乾くような環境であれば場所を変えた方が無難。
そのような場所だと水を幾らやっても高温多湿に陥り結局病害を患うことが多い。

剪定

そんなに萌芽力が強い方ではなく、刈り込む木ではない。

ただし落葉性ツツジのように萌芽力がない訳ではなく、
試したことはないが刈り込んでも致命的な問題に陥ることはないかもしれない。

花後に花がらを摘み取り、同時に逆さ枝などを整理する。
蒸れ対策で多少は枝を透かしたいが、透かし過ぎると根元に日光が当たって樹勢を落とす。
強く枝を切ると弱るので、出来るだけ大きくなる前に理想の樹高で毎年剪定する。

尚、夏以降に剪定を行うと翌年の花芽を切ってしまうことになるので注意。
久留米、平戸ツツジだとそれでも気合で花芽を作り咲く場合があるが、西洋シャクナゲは厳しい。


雑記


絵1

落葉性ツツジなどは原生の環境だと4メートル以上まで成長することもあるが、
庭という人口の環境では放っておいても中々そこまで大きくはならない。

大体の西洋シャクナゲもカタログ上での樹高は3メートル程と高いが、
庭でそこまで育て上げるのは中々に難しい。
特に近年の日本の夏は西洋シャクナゲには少し暑過ぎるのだろう。


絵2

本種パーシーワイズマンを巨木にしたらさぞ綺麗なことだろう。
巨大な花束なんて目ではない、空に虹が咲くような景色が見られるのではないか。

ただし本種はカタログ上の数字が(1~2m)だったり(~4m)だったりと情報によって上下しているので
実際にそこまで育ててみるまでは樹高を断定出来ない。

長く付き合っていけば何れは分かる日が来るだろう。