西洋シャクナゲ | パーシーワイズマン(Percy Wiseman)

2022年05月18日
ツツジ
パーシーワイズマンの花

開花時期:5月上旬

改良された西洋シャクナゲの一種。
クリーム、黄、ピンクが入り混じった幻想的な色彩の花を咲かせる。

花色の変化が非常に目まぐるしく、蕾は濃いワインレッド
花の咲き始めは明るいピンク色で、咲き進むとクリーム色、黄色と色が変わっていく。

とにかく色合い鮮やかで、一つの木が虹がかった花畑のようになってくれる。

パーシーワイズマンの花

多少神経を使う和シャクナゲと比べると、西洋シャクナゲはあらゆる面において強健で管理は容易。
本種も花色は異色だが育て方は通常の西洋シャクナゲと変わらない。

若干デリケートな平戸ツツジくらいの感覚で育てられる。
画像そのままの鮮やかな花を簡単に咲かせることが出来るので、非常にお勧めである。

写真


パーシーワイズマンの花2  パーシーワイズマンの花2


取り扱いについて


特性

陽樹で日光を好むが遮蔽物無しの夏の直射日光だと若干葉焼けする場合がある。
それでも日向に植えた時の花数は魅力的なので、様子を見ながら日向に植えたい。

ある程度木が育つと日光への耐性も上がるので、多少の葉焼け程度で済んでいるのならば許容して成長を待つのも有り。
補足しておくと夏の西日が延々と当たるような場所にはあまり向かない。

西洋シャクナゲは根が浅く乾燥には弱いので、夏場の水やりをしっかりしてやると良く育つ。
特に本種の流通する苗は小さいものが多く、きちんと根付くまではまめに面倒を見た方が良い。


剪定

西洋シャクナゲはあまり刈り込む木ではない。
ただし落葉性ツツジのように萌芽力がない訳ではなく、
適当に若い枝を残して弱めに剪定すれば概ね上手くいく。

かといって決して平戸ツツジのように芽を出す力はないので、
自分の想定する樹高を初めに決めて、目処を越えないようにちょこちょこ剪定したい。

最悪剪定方法が分からなければ、本種は葉が小さめの品種なので
花後に花を落とすように刈り込めば恐らく樹形を維持しつつ花を咲かせることは可能だと思われる。


雑記


絵1

落葉性ツツジなどは原生の環境だと4メートル以上まで成長することもあるが、
庭という人口の環境では放っておいても中々そこまで大きくはならない。

その点西洋シャクナゲは上手く環境さえ合えば庭でも数メートルまで伸ばすのは易い。
夏の日光に強い品種ならもりもりと大きくなっていく。


絵2

本種パーシーワイズマンを巨木にしたらさぞ綺麗なことだろう。
巨大な花束なんて目ではない、空に虹が咲く木は想像するだけで心が躍る。

私は数百品種を同地で育てている故に各個体の樹高には著しい制限をかけているが、
いつか本種の巨木を育てるのが一つの夢だ。
さぞや幻想的な光景だろうと思う。