レンゲツツジ | レンゲツツジ

2022年05月18日
ツツジ
レンゲツツジの花

開花時期:4月下旬

日本各地の草原や高原に自生しているツツジ。
湿地帯にも分布しており多湿に強いが反対に乾燥には弱い。

日本の在来種だけあり樹勢は強く、乾燥対策さえ出来れば関東の庭でも育てられる。
江戸時代の紀行文に本種が庭木として使われている様子が出てくるなど、歴史は古い。

尚、葉・茎・花全てにグラヤノトキシンという毒を持っているので扱いには注意。

レンゲツツジの花

基本種の花色は濃いオレンジから赤っぽい黄色まで固体差があり、変種に黄・白レンゲツツジが存在する。

本種を交配親に様々な品種改良が試みられており、エクスバリーアザレア、信濃ツツジなどが該当。
何れも素晴らしい花を咲かせるが、乾燥に弱いという弱点も綺麗に受け継いでいる。

上手く面倒を見てやれば夏の直射日光が当たる場所でも程ほどの葉焼け程度で育ってくれるが、
水の管理を間違えたとき全てが終わる。


取り扱いについて


特性

日光は好むが乾燥にとても弱い。
植えた場所と時期次第で、あまりに葉が萎れるようなら日向から若干日陰にずらすと良い。

レンゲツツジの失敗はほぼ水切れに終始しており、
マルチング(根元を腐葉土や枯れ葉などで覆う)などをして対策する。

湿原にも分布しているように多湿には耐性があるので、心配なら水やりの頻度を多めにしたい。
ただし一番水を欲す時期に昼の水やりを行うと熱湯になり蒸されてしまうので注意。


剪定

レンゲツツジは芽を出す力が弱く、刈り込まない方が良い。
無闇に枝を落とすと新芽が出てこず枝がまるっと枯れたりする。

花後に出てくる新芽が何より貴重で、とにか1年を通してく大事にしたい。
葉をどれだけ維持出来るかで来年の花付きと今後の樹勢が決まる。


雑記


絵1

江戸時代の旅人、菅江真澄が書き残した紀行文「秀酒企乃温濤」に
登場するなど在来種のレンゲツツジは昔から日本各地に自生している。

しかし同じ日本在来種かつ落葉系のミツバツツジなどと比べても、
レンゲツツジを人の住む庭で見かける機会は明らかに少ない。


絵2

これは明らかにレンゲツツジが乾燥に弱いからだろう。
尚且つ陽光にも若干神経質なのが弱さに拍車をかけている。

大抵の種はしっかり地に根付けば水やりは降雨で大体どうにかなるようになるが、
本種は関東ではその限りではない。葉の状態をよく見て緊急サインを逃さないのが吉。