コマドリ造園所有の荒廃した山の記録

2020年01月10日
山の記録

荒廃した山

私は今この荒廃した山を管理している。
そこそこの間管理を放棄されていた場所で、景観はすこぶる悪い。

ちなみに土地の所有者は私が仕事で世話になっている友人だ。
20ほど年が離れているがとても気の合う盟友である。

雑木と竹の生えた山

今は荒野だが数年前はとにかく緑緑していた。

つる類は隣地に侵食し、伸びる竹は天を貫くよう
私が連日仕事終わりに通い伐採し続け、今の状態に落ち着けるまでは半年程かかった。

ハゲた崖

例えばこんな場所は

つると笹の生えた崖

こんな感じで緑緑としていた。
上を向いても空が見えなかった頃である。

ゴミ捨て場

出た伐採ゴミはチェーンソ-で刻んで岸から落とすことで処理した。

この山の管理は完全なボランティアであり、金銭の収受などはない。
つまりゴミの処理に金をかけることはそのまま私の財布に優しくない。

見下ろした山

元々はちょっとした友人への手助けとして始めた行為だったが、
何かをやるのならば徹底してやりたいものだ。

雑草から地崩れの対策まで、未だするべきことは山ほどある。
友人に山の管理における裁量権を貰ったので出来ることさせて貰う。

雑草

どんなに刈っても抜いても雑草は生えてくるものだ。

一刻も早く別の下草の植栽などを含めて整地し、雑草の勢いを減らしたい。
植栽は土留めとしての意義もある。

見下ろした山

私は花木が好きだ。

どうせ土地を管理するのならば花木でいっぱいにして誰も見たことのない景色を作りたい。
しばらくはこの荒れ果てた土地を花の丘と呼べるように開発することが目標になる。

絶対にやりがいのある管理作業になるだろう。