信濃ツツジ | 銀河(ギンガ)

2022年05月19日
ツツジ
銀河の花

開花時期:4月中旬

めしべ以外が花弁化した八重咲きで、晴れやかなレモンイエローの花を咲かせる。

『Azalea ginga』などで検索しても英語の表記ページは出てこないので、
日本で生まれたか流通名が違うかの何れかだろう。

黄レンゲツツジ系の色を正当に受け継いでおり、若干緑がかった黄色は本種や黄レンゲツツジでしか見られない。
あまりにも豪華絢爛で、予めレンゲツツジを知っていたとしても初見では
本種をツツジと判断出来ない人も多いのではなかろうか。


銀河の花

本種はレンゲツツジでもエクスバリーアザレアでもなく信濃ツツジに分類される。

信濃ツツジは日本国内でレンゲツツジを改良したツツジ群のことを言い、
欧州で改良されたエクスバリーアザレアとは似て非なる品種。

北米に自生するSweet azaleaを主に交配して生まれたエクスバリーアザレアよりは
恐らくレンゲツツジの血が濃く、日本で育てやすい。


写真


銀河の花2


取り扱いについて


特性

レンゲツツジの系譜はとにかく乾燥に弱い。

が、本種は若干ではあるもののレンゲツツジよりは乾燥と日差しに強くなっているように感じる。
日光を好むのでなるべく日向に植えたいが、その場合はくれぐれも水やりを意識したい。

参考までに私は西日が当たる直射日光下に植えているがとても元気に育っているので、
水切れさえさせなければ日光への耐性は強いと思う。

本種に限らずレンゲツツジ系はマルチングの重要度が他のツツジと比べて著しく高い。


剪定

萌芽力はあまり強くないので剪定の時は刈り込まない方が良い。

新芽を残し、それが伸びたら古い枝と交換していく。
良い枝を残せば残すだけその先には翌年豪華な花が付くので大事にしたい。

尚、レンゲツツジ系は花終わりに子房ごと除去すると種が出来ず、枝が弱らない。
花がらを取らずに残しておくと驚く程に枝と株が弱るので、花後に急いで除去する。

雑記


絵1

古今東西様々な品種改良が日本を含めた世界中で行われているが、
交配が進み過ぎてその成果を目にした時に頭が混乱する時がある。

本種は私が元々レンゲツツジを見慣れなかった故に尚更目を奪われ惚れ込んだ。
葉を見るまで一瞬ツツジだとは気がつけなかった程に豪華絢爛な花を付ける。


絵2

花の一つ一つが星のように輝いており正に銀河である。
海でヒトデを掴む以外にも地上で星を触れる方法があったのだ。

最早原種だろうが交配種だろうが綺麗なら何でもいい。