レンゲツツジ | 黄レンゲツツジ

2022年05月19日
ツツジ
黄レンゲツツジの花

分類・レンゲツツジ(落葉樹)
開花期🌸:4月中旬
4月中旬から5月中旬にかけて花を咲かせる。

扱いやすさ・★★☆☆☆ 若干難しい
本種はレンゲツツジの変種で、花の色以外は基本種と性質が変わらない。
扱いやすさも若干難しいとしているがそんなに難しくはなく、苗木時代を越えれば安定する。
ただしよく見かけるツツジと比べるとやはり若干癖があるので、扱い易くはない。
基本的には乾燥に著しく弱く湿った土壌を好む。

暑さ🌞 : 普通。根付いていれば真夏の直射日光にも若干耐える。
寒さ⛄ : 強い。東京では気にする必要がない。
乾湿💧 : かなり乾燥に弱く湿気を好む。


概要


レンゲツツジの黄色い花を咲かせる変種。
特に交配などで作られた訳ではなく、自生するレンゲツツジが自然変異した個体と言われる。
レンゲツツジは本種の他にも朱~橙、白色など個体によって色の揺れ幅が大きい。

本種は緑がかったレモンイエローの透き通った美しい花色を持ち、
エクスバリーアザレア系の黄色とはかなり趣が違う。
特に蕾と咲き始めは黄緑がかっていて大変美しく、咲き進むと原色に近い黄色になる。

尚、有毒性も基本種のレンゲツツジに準拠し葉から花まで全てに毒性を持つので注意。


黄レンゲツツジの花

日本の草原や高原に分布する固有種で日光を好む。
しかし日差しに伴う土壌の乾燥にはとても弱く、
庭に植える場合は若干湿った場所に植えつつ定期的な水やりを忘れないようにしたい。

湿地にも自生が見られるように多湿には強いので、
東京の真夏に晒されても適切に扱っていれば元気に育ち花を咲かせる。


取り扱いについて


特性

何度か上述したようにとにかく乾燥に弱く、植えた後根付くまでの水やりは必須になる。
根付いても真夏に降雨が少ない時などは水やりをした方がよく、
株元に陽光を当てないよう落ち葉などでマルチングしておくと育て易さが格段に上がる。

乾燥には弱いが日本の湿った草原などに自生するだけあって多湿には案外強く、
殆どの植物が苦手とする高温多湿に対してもそこそこ耐性を見せる。
有鱗片シャクナゲのような真夏の枝枯れや突然死などは全く起こさないが、
水切れによる一発枯死はありえる。


剪定

萌芽力が若干弱くあまり刈り込まない方が良い。
しかし、割と樹勢は強めで調子が良ければ根元からも新枝を頻繁に出すので樹形維持に難はない。

風で枝が折れ葉先がなくなった所から萌芽しているのを見かけたこともあり、
株の元気があれば刈り込んでも大丈夫そうな気配はある。

花後は新芽伸長の邪魔にならないよう花がらは早めに子房ごと除去する。
その場合は誤って新芽まで落としてしまわないように注意したい。
がくのすぐ下あたり(花柄)で切ると新芽を間違って落とすリスクが減る。
結実すると樹勢が落ちるので、複数の意味で花後早めに子房を取った方が良い。


雑記


絵1

実に目が覚めるようなレモンイエローで、見れば見る程爽やかな花色をしている。
レモンと並べてみるとレモンよりレモン色をしているような気さえする。

流石にそれはレモンに対する冒涜だろうか。
しかしレモンイエローという色の表現がここまで似合うツツジもそうはない。
美し過ぎる。


絵2

レンゲツツジは基本種、本種黄レンゲツツジの他に白花変種個体も存在する。

何れも人間の手によっての選抜などの変化ではなく、自然変異を起こした個体が
そのまま園芸品種として扱われるパターンになる。

現代でも様々な植物の自然変異個体はちょくちょく見つかり続けており、
それが定着化や増殖されたものが都度市場に出回ってくる。