ヒカゲツツジ | ヒカゲツツジ

2022年05月20日
ツツジ
ヒカゲツツジの花

開花時期:4月初旬

日本の在来種で有鱗片シャクナゲの一種。
関東以西の山々に自生が見られるが、狙って観察しようと思うと案外出会えない。

普通に山道に群生していることもあれば、
断崖や奥まった人気のない沢などに纏まって自生していることもある。

山の沢を花で照らすというそのままの意味でサワテラシという別名も持つ。

ヒカゲツツジの花

ヒカゲツツジ特有の黄味がかったクリーム色の花を咲かせる。
日当たり次第で色の見え方は多少変わるが、黄味が強い薄緑色というのがより正確かもしれない。

何れにしろ他に類を見ない花色をしており、しかも有鱗片シャクナゲの中ではかなり強健である。
是非育ててみてほしい。


取り扱いについて


特性

日光を好むが真夏の直射日光を受けると若干葉焼けする。
しかし案外日差しへの耐性は強く、夏の西日が直撃するような場所でなければ大抵は育つ。

ただし極度に日向植えの個体は突然枝枯れを起こしたりする例も見られることから、
やはり自生地のように明るめの半日陰で育てるのが最適解と感じる。

大抵の有鱗片シャクナゲと同じく、真夏を落葉樹の下で過ごせる環境が理想。
あまり日陰寄りに植えると枯れずとも花数がかなり減るので注意したい。


剪定

刈り込めないことはないが理想は剪定で手を入れたい。
どうしても剪定の仕方が分からなければ、花後に花がらを落とす程度に刈り込むと良い。

沈丁花やヒメウツギの手入れに近く、萌芽力と相談しながら枝先を詰めつつ古枝を更新する。
日陰気味だとあまり根元から新枝が出てこず、樹形の維持がやや難しい。

完全に放置しておくと案外樹高が伸びていき、人の背くらいになる。


雑記


絵1

日本在来種かつそこまで育成難度が高くないにも関わらず、本種はあまり庭で見かけることはない。

所謂有鱗片シャクナゲの中だと抜群に育てるのが簡単な方なのだが、
どうも名前から日陰よりに植えられて花が咲かず、無下に扱われているようにも思える。

元々ただでさえ花数が多い品種ではないので、日陰に植えるとより少なさが際立つ。


絵2

地味な花色と言われることもあるヒカゲツツジだが、世界中で品種改良が進む昨今
相対的に派手なツツジが増えたことで却ってトパーズ色の花は目立つ。

黄花系の交配親としても大活躍で、その唯一無二の花色は是非庭で楽しんでみて欲しい。
出来る限り現物と同じ色になるように写真を撮っているが、肉眼で見るヒカゲツツジは非常に幻想的。