ヒカゲツツジ | ヒカゲツツジ

2022年05月20日
ツツジ
ヒカゲツツジの花

分類・ヒカゲツツジ(常緑樹)
開花期🌸:4月上旬
4月上旬から下旬にかけて花を咲かせる。

扱いやすさ・★★☆☆☆ 若干難しい
元々山中に自生する種であってあまり日差しに対しての耐性はなく、
真夏に直射日光が当たるような場所や一日中日が当たる場所には向かない。
有鱗片シャクナゲの中では強健だが近年は真夏の暑さからか弱る個体を多く見かける。
そこそこ日陰に植えてある個体すらも真夏の高温にやられているのを見かけるので、
ここ東京においてはもう育てやすいとは明言出来ない。

暑さ🌞 : 弱い。明るい日陰に植えるのが理想的。
寒さ⛄ : 強い。東京では全く気にする必要がない。
乾湿💧 : 乾燥に弱く、そこそこの湿気を好む。


概要


日本の固有種で有鱗片シャクナゲの一種。
関東以西、四国から九州にかけての山々に自生が見られるが、主な自生地は深山の岩場や断崖、
渓谷などが多く分布の広さほど本種を頻繁に見かけることはない。

山の沢を花で照らすというそのままの意味でサワテラシという別名を持つ。
水辺に自生することからも分かるように湿気を好む。

庭に植える場合は土壌が若干湿っていると生育が良いが、
夏に高温多湿に陥って枝枯れを起こすなどしばしば弊害を伴う。
かといって乾燥した場所に植えると場合によって生育不良を起こす。


ヒカゲツツジの花

花色は独特で黄色と黄緑色とクリーム色の中間のような不思議な色彩の花を咲かせる。
色合い的に派手ではないが、風変わりで咲いているとかなり目立つ。

有鱗片シャクナゲの仲間は比較的気難しいものが多い中で、本種はその中では強めの樹勢を備えている。
とはいえ近年の温暖化の影響か古い大きな個体すらも真夏に株枯れを起こしているのを見かけることが増え、
高山性の有鱗片シャクナゲにありがちな突然の枯れ死を起こすことが儘ある。

かなり日陰に植えてある古株が夏の高温で枯れたケースも確認していることから、
関東以西では中々神経質な扱いを求められる。


取り扱いについて


特性

乾燥に弱く、湿気を好むが高温多湿に弱い。
真夏に有鱗片シャクナゲ特有の枯死を起こすことがあり、
見た感じでは日差しと関係なく高温にやられているように見える。

現状は出来る限り風通しが良く、半日陰の湿った場所に植えることで対策するしかない。
真夏に葉が巻くような枯れ方をしたら大抵は高温障害である。


剪定

刈り込めないことはないが理想は剪定で手を入れたい。
芽を出す力が有るようで無く、刈り込みだとそこを見極めるのが若干難しい。

生育は成長の遅いツツジに類似しているので、どうしても剪定の仕方が分からなければ
花後に花がらを落とす程度に刈り込むと良い。

沈丁花やヒメウツギの手入れに近く、萌芽力と相談しながら枝先を詰めつつ古枝を更新する。


雑記


絵1

日本固有種かつそこそこ苗は流通しているにも関わらず、本種を庭で見かけることは殆どない。
おまけに近年は真夏の高温障害で数少ない個体も枯れてゆき、東京の庭では殆ど絶滅危惧種である。

日差しを苦手とするタイプは遮光度合いで対処出来るのだが、
高温に弱いタイプは扱いが大分難しい。
今はひたすら本種の良い育成環境の探求に徹している。


絵2

育成は難しいが、その唯一無二の花色は是非実際に肉眼で見てみて欲しい。

写真に関しては毎度可能な限りは現物と同じ色になるように撮っているが、
何色とも形容しがたいヒカゲツツジは写真では色を表現し難い。
現実で目にするヒカゲツツジは幻想的ですらある。