アザレア | 越の淡雪(コシノアワユキ)

2022年05月21日
ツツジ
越の淡雪の花

開花時期:4月中頃

平成に新潟で生まれたアザレアの一種。

分厚い白の花弁に黄緑色の蜜標が強く入り、おしべの一部がランダムで花弁化する。
白のアザレアは耐寒性が弱いとされることが多いが、本種は関東だと地植えが可能。

40cm程の苗でも根さえ張っていれば降雪にもよく耐える。

越の淡雪の花


ただし露地栽培において若干梅雨の季節(6月~7月)頃にもち病になり易いので注意。
膨らんだ葉を物理的に取り除き、ダコニール剤等の消毒で簡単に治療出来る。

ツツジなら耐えるところをアザレア系はあっさり病気になるので、
花終わりに花がらを早めに除去したり枝を軽く透いてやったりして病気を予防してやると良い。


写真


b_kosinoawayuki_1.jpg


取り扱いについて


特性

大体の特徴は常緑性のツツジと変わらず、アザレアは若干寒さに弱い。
強いて言うなら耐寒性の低さが一番の特徴で、冬の霜に当たると枯れる品種も存在する。

上述したが本種はアザレアの中では耐寒性が高く、関東以西では越冬が可能。

寒さに弱い反面、樹勢が良ければ夏の直射日光にもそこそこ耐え、耐暑性は高い。
尚、他のツツジ類よりも若干だが湿気に弱く、1年を通して梅雨の時期が一番生育不安定になる


剪定

ほぼツツジと同じ成長の仕方をするので刈り込みが可能。
手が届く範囲で剪定気味に整えてやるとよく花を付ける。

本種は遅咲きのアザレアなので雨の多い時期と花終わりが被りやすく、
花がらを放置すると病気のリスクが高まるので、花後は急いで子房ごと花がらを除去する。


雑記


絵1

アザレアは欧州でタイワンヤマツツジを基軸に様々なツツジを交配した結果生まれた品種群。

江戸時代に日本から海外に運ばれた霧島ツツジ、平戸ツツジなども交配に混ざりこんでおり
様々なツツジの血が複雑に交じり合って今に続いている。


絵2

遠い昔に海外に出て行ったツツジが回りまわって日本に帰ってくるというのはロマンがある。
花や耐寒性で親になったツツジを想像してみるのも楽しい。

全体的にこちらよりも寒い欧州で改良されたアザレアが何故寒さに弱いのかというと、
恐らく基になった亜熱帯原産のタイワンヤマツツジの血が濃いのだろう。