アザレア | 越の淡雪(コシノアワユキ)

2022年05月21日
ツツジ
越の淡雪の花

開花期:4月中旬

新潟で平成5年に創出されたアザレアの一種。

基本は二重咲きだが、おしべの一部がランダムで花弁化する為に八重咲きに近い咲き方をすることもある。
分厚い花弁に黄緑色の蜜標が色濃く入り、白と黄緑色のグラデーションがとても美しい。

耐寒性はアザレアの中では強く、東京で地植えしているが霜や雪にも耐えダメージの兆候はない。
アザレア特有の狂い咲きも殆どせず、花期は安定して纏まった花を咲かせる。


越の淡雪の花

寒暖は殆ど問題にならないが、若干初夏の季節(6~7月)にもち病になり易いので注意。
膨らんだ葉を物理的に取り除きダコニール剤等などの消毒で簡単に治療出来る。

花終わりに花がらを早めに除去したり、枝を軽く透いてやったりして病気を予防してやると良い。
それでも本種がアザレアである以上もち病からは毎年大抵逃れられないので、都度消毒する。


写真


b_kosinoawayuki_1.jpg

花弁は真っ白だが蜜標が濃く、白花ながら真っ白とは大分違う黄緑がかった優しい印象の花を見せる。
おしべも花弁化したりしなかったりで一つの株が多彩な花を咲かせる。


取り扱いについて


特性

大体の特徴は常緑性のツツジと変わらず、本種は恐らく若干寒さに弱い。

本種のというよりはアザレア種全体の特徴からみる推測で、
試したことは無いが関東以北の気温には恐らく適応出来ない可能性がある。
東京で育てている以上では、寒さに対する危機的兆候を見せたことはない。

上述したが初夏にモチ病になり易く、その時期は目を光らせて膨らんだ葉を探すと吉。
速めに病状のある葉を除去し、消毒すれば株へのダメージは殆ど出ない。


剪定

ほぼツツジと同じ成長の仕方をするので刈り込みが可能。
ツツジ類の中でもアザレアは枝が込んでいると病気になり易くなるので若干内枝を透くと良い。

花弁が分厚く、花がらを放置すると病気のリスクが高まるので花後は子房ごと花がらを除去する。
樹形としては縦よりも横に広がっていく。


雑記


絵1

アザレアは欧州でタイワンヤマツツジを基軸にして、様々なツツジを交配した結果生まれた品種群。
全体的に寒さに弱い品種が多いのは暖地のツツジが多く親に使われた結果の可能性もある。

江戸時代に日本から海外に運ばれた霧島ツツジ、平戸ツツジなども交配に混ざりこんでおり
様々なツツジの血が複雑に交じり合って今に続いている。


絵2

アザレアといえば鉢栽培、室内栽培が基本だが路地植えに耐える品種も案外多い。
適応すれば一般的なツツジと大差なく育ち、株も鉢植えと比べて非常に大きくなる。

やはり植物は地面に下ろしてこそ最大のパフォーマンスを発揮出来るものも多いので、
余程耐寒性が低いものでなければとりあえず下ろしてみると良い。

若干耐寒性に不安のあるものは春頃に植え冬までによく根を出させておくのと、
植えてから1~2年は冬に不織布で包んでおくと冬越しの成功率が上がる。