ヤマツツジ | さわゆき

2022年05月21日
ツツジ
さわゆきの花

開花時期:5月上旬

ヤマツツジの白花種で、白花系で縦に伸びるツツジの中だと非常に扱いやすい。
真っ白な花弁に黄緑色の蜜標がかかり、青空にとても良く映える。

名は体を表すというが、良い名前だと思う。


さわゆきの花

ただし名前については白花ヤマツツジのことを「さわゆき」と呼んでいるのか、
ヤマツツジの白花品種の選抜種を「さわゆき」と呼んでいるのかは不明。要調査。

ヤマツツジにしては花付きが良い気もするが、
それが品種特性、もしくは環境によるものなのかは今の段階では判断出来ない。


写真


さわゆきの花2


取り扱いについて


特性

木漏れ日を好み、あまり直射日光の下で元気に生育する木ではない。
落葉樹の下などに植えるとよく咲き、夏にも株が弱らないので推奨。

縦に良く伸び、ツツジ中で比べても成長速度は比較的速い。
代わりに花付きが多少控えめなのがヤマツツジの特徴だが、本種は中々良く咲いた。

要研究。

剪定

ヤマツツジは樹形が縦に伸びる傾向があり、新枝の勢いも強くあまり刈り込みには向かない。

しかし樹勢は強健で萌芽力はかなり強く、強剪定にも良く耐える。
高めの生垣が作りたければ刈り込んで管理するのも吉。

ただし本種は半落葉で冬には葉が落ち遮蔽力が半減するのと、
久留米や平戸のような花付きを期待出来ないことは念頭に置いておきたい。


雑記


絵1

交配種、個人交配、選抜種、別名、流通名。極めつけは産地違い。
一つのツツジが4つの名前で呼ばれている時もあり、多数の品種を扱っているとよく混乱する。

ツツジは特に園芸界でも人気があるので星の数ほど品種があり、
しかも宇宙のように未だ広がり続けているのだ。


絵2

おしべの数も同じ、花型も同じ、同じツツジ類で色も開花時期も同じ。
しかしそれでも精査に精査を重ねてみると品種が違うということがある。

僅かに多花性だったり、葉のサイズが違ったりと少しずつだが差は有るのだ。
しかし植える場所だけでも特性や花付きは変わるので、もうてんやわんやである。


判別は諦めよう。