久留米ツツジ | 暮の雪(クレノユキ)

2022年05月22日
ツツジ
暮の雪の花

開花時期:4月上旬

江戸時代に坂本元蔵氏によって作出された久留米ツツジ。

白花の二重咲きで花の中心は淡い黄色。
存外黄色の主張が強く、真っ白とは程遠い特徴のある色合い。

古典品種で、江戸時代から現代まで庭に使われ続ける美しさを持っている。

暮の雪の花

4月中頃に小輪の白花二重咲きを見たら大体が本種で間違いない。

久留米ツツジで似た品種に剣弁の「白牡丹」が存在するが、
現代では殆ど見かけなくなってしまっている。


取り扱いについて


特性

久留米ツツジらしい強さを持ち、株元をマルチングすれば直射日光にも耐える。

ただツツジ全体の特徴として浅根で乾燥にやや弱いので、
株が大きくなっても真夏に降雨が一週間程続かなかった時などは水やりを行うと株が弱らずよく育つ。

注意すべきは植え替え直後で、特に盛り土気味に植えている場合は根付くまで水を欠かさないようにしたい。


剪定

萌芽力が強く刈り込んでも全く問題はない。
花終わりに剪定すると花がら対策と結実対策が同時に出来るので推奨。

花芽分化が行われるのが大体7~8月頃で、以降に剪定すると花芽を切り落とすことと同義になる。

不安ならば花後剪定した後に手をつけなければ、
余程植えた場所の環境が悪くない限りは高確率で翌年に花を付ける。


雑記


絵1

久留米ツツジ品種群は江戸時代の久留米藩士、坂本元蔵(さかもと もとぞう)氏が始祖となる。

時に日本を回りツツジを集め、霧島ツツジ、サタツツジなどを元に
生涯200品種以上を生み出したツツジ界の超大家。

今にも残る久留米ツツジを江戸時代に幾つも生み出している。


絵2

坂本氏の残した偉大な功績の一つに「苔まき」という実生の技術開発などがある。

これを同時代のツツジの愛好家にも伝えたことでツツジ交配の機運が飛躍的に高まり
現代まで無数のツツジが生まれ続ける大きなきっかけとなった。