久留米ツツジ | 白雪(シラユキ)

2022年05月22日
ツツジ
白雪の花

分類・クルメツツジ(常緑樹)
開花期🌸:4月上旬
早咲きの久留米ツツジの中でも早咲きで、大抵は先陣を切って咲き始める。
とはいっても精々数日ズレるくらいなので、早咲き系でまとめて植えても違和感なく開花が揃う程度。


扱いやすさ・★★★★☆ 強健
久留米ツツジの中でもかなり強健。
始めて植えた年の夏さえ越えれば以降困らせられることは殆どない。

暑さ🌞 : 強い。根付いていれば真夏の直射日光にも耐える。
寒さ⛄ : 強い。東京では全く気にする必要がない。
乾湿💧 : やや乾燥に弱く若干の湿気を好む。


概要


真っ白な花を咲かせる久留米ツツジの一品種。
純白に近い白色と非常にベーシックで奇を衒わないツツジらしい一重の花を咲かせる。
花のサイズ的には極小輪ではなく小輪くらい。そこまで小さなサイズではない。

非常に強健で扱い易く、成長も他の品種に比べて若干早い。
縦にも横にもバランス良く樹形を広げるタイプで様々な意味で扱いやすく優秀。

ツツジのシンプルな白花品種が欲しければ本種で決まりと言っても良い。


白雪の花

極小輪の久留米ツツジ程花がびっしりとは咲かないが、それでも十分過ぎるくらいの花付きを誇る。
とにかく癖のない久留米ツツジとしての強健さを持つので非常に扱いやすい。

恐らく江戸時代辺りに作出された品種であると思われるが、現代まで残るのも納得である。
尚、極彩色を見せる常夏の枝変わりであるという点も面白い。


写真


白雪の花2 白雪の花2

蜜標は薄い黄緑色で、周りに色が滲まず花色は真っ白に近い。
上述したように極小輪の久留米ツツジと比べると僅かに花が大きいが、
一般的なツツジ類の中で見ると小さく開花時の雰囲気はやや繊細。


取り扱いについて


特性

久留米ツツジらしい強健さを持ち優秀。
株元を枯れ葉や腐葉土などで覆ってやると夏の直射日光にもよく耐える。

本種は久留米ツツジの中でも強健な方に位置し、難しいことをしなくとも良く育つ。
特に日差しや乾燥に対しての耐性は素晴らしい。
ただしその樹勢を発揮するにはきちんと根付いていることが前提で、
どの品種にも言えることだが植えて1、2年は若干気を使ってやった方が良い。

近年の東京の真夏は35度近い猛暑日が一週間~二週間ほぼ連続で続いたり
その上で地域によっては雨が二週間近く降らなかったりと非常に過酷な環境であり、
特に苗木を植えつけた年は乾燥に気をつけた方が良い。


剪定

かなり萌芽力が強く、刈り込みにもよく耐える。
どこから切っても余程ではない限り芽が出てくるので非常に樹形、樹高を管理しやすい。

本種を含めたツツジ類は夏を過ぎた頃の枝に大抵翌年の花芽を付けているので、
夏以降の剪定はなるべく控えた方が翌年花を良く咲かせる。

ただし本種は樹勢が強く勢いのある徒長枝や逆枝を頻繁に出すので、
夏以降も若干手を入れてやった方が樹形を綺麗に維持しやすい。


雑記


絵1

本種は同じ久留米ツツジ『常夏』の枝変わり品である。
枝変わりとは端的に言うと植物の突然変異のことで、
新枝が突然枝元の木とは別の特性を持った枝に変化することを言う。

ピンク花のツツジが突然赤花を咲かせたり、花の造形が微妙に変わったりと変化は様々。
それを上手く取ったり差したりしたものが全く別の品種として世に誕生する。


絵2

例えば同じツツジ類のサツキは妙に枝変わりし易く、それによってかなりの新品種が世に生まれてくる。
ツツジもサツキ程ではないがちょいちょい枝変わりをするので、探してみると面白い。
品種の由来を調べてみると、どれそれの品種の枝変わりという例がそこそこある。

例えばどこの街でも見かける平戸ツツジの曙(ピンク)は大紫ツツジの枝変わりから生まれた品種だ。
稀に公園の平戸ツツジが枝変わりや先祖返りを起こしているので是非探してみよう。