久留米ツツジ | 白妙(シロタエ)

2022年05月23日
ツツジ
白妙の花

開花時期:4月中旬

久留米ツツジの一種で作出年月は不明。

一番の特徴はとても久留米ツツジとは思えない花付きの少なさで、
現代で使われるツツジの中だと逆・花付き部門で頂点を狙えるかもしれない品種。

その上で小輪白花かつ花の造形がほっそりとしたラッパ型なので、殊更開花期の花数が際立つ。

白妙の花

しかしその線の細さこそが本種最大の魅力。

株を花で覆い尽くさない久留米ツツジというのは逆に唯一無二の部類に入り、
遠く見た時に抱く印象は他のツツジとは一線を画す。

主張をし過ぎない姿が主張に繋がっている素晴らしいツツジ。


取り扱いについて


特性

花から受ける印象は少しか細いが、樹勢は久留米ツツジらしく非常に強健。
日光にも強く、マルチングを施せば直射日光にも耐える。

植えてから2年くらいは夏の水切れに注意すると失敗しない。
ツツジは大きくなっても浅根という特徴故に、どうしても乾燥に弱いという点が永遠について回る。

特に日向よりに植えた場合は、夏の降雨が少なかった時に水をやると株が弱らない。


剪定

久留米ツツジの中でも成長速度が若干早く、萌芽力も強いので刈り込みに向く。
やや縦に新枝が伸びるので刈り込まずに剪定すると中々様になる。

あまり花付きを求める品種ではないが、
少しでも花付きを良くしたければ夏以降は枝先を落とさない方が良い。


雑記


絵1

久留米ツツジは株を花が覆いつくすのが当然という固定観念を本種は壊してくれる。

初めは本種の特性を熟知しておらず、日向と半日陰を行ったり来たりもさせたが
殆ど花付きは変わらなかった。学習と知識は宝である。


絵2

色々なものを知るようになってからも、
もっと本種に合うような場所があるのではないかといつも考えながら眺めている。

相手がツツジでなければ不審者でしかない。