ミツバツツジ | 白花ミツバツツジ

2022年05月24日
ツツジ
白花ミツバツツジの花

開花時期:4月初旬

ミツバツツジの白花品種。
蜜標の色素が薄く、白系のツツジの中でも殊更白く見える花色が大変美しい。

ミツバツツジは進んで縦に伸びて木らしい樹形になろうとするので、
平戸、久留米ツツジなどとは全く違った樹容のツツジになる。

白花ミツバツツジの花

尚、当個体は枯れかけていた根巻きを知人に譲って貰ったものであり、どのミツバツツジの白花種なのかは不明。

白花系のミツバツツジは大体早咲きで大まかにコバかハヤトに分かれるが、
当個体は若干ハヤトより開花が遅く葉に光沢がないので、恐らくコバの白花品種だと思われる。


取り扱いについて


特性

常緑性のツツジには届かないが、落葉性のツツジの中だと強健な部類に入る。

環境への適応能力が高く、多少の日向や乾燥にも耐えるが
長時間直射日光が当たるような場所には植えない方が上手く育つ。

明るい半日陰が理想だが、あまり日陰だと花付きが悪くなる。
色々と試してみた結果、風通しの良い場所に植えることが一番大事かもしれない。

剪定

萌芽力が弱いので刈り込まずに枝抜き剪定をした方が良い。

ただ落葉性のツツジの中だと芽を出す力は強い方で、
元気な株ならば多少強引な剪定も可能。

自然樹形が素晴らしいが限られた庭のスペースでは中々そうもいかないので、
自分の理想とするサイズで剪定する。


雑記


絵1

ミツバツツジは自生地の違いで細かく品種が分かれており、
それぞれの土地に適応して微かに変化している。

私が知るだけでも両手で数え切れない種類が存在し、
主に開花時期や葉の照りなどで見分けるもののそれが結構難しい。


絵2

しかもそれらの白花品種になってしまうと更に判別が難しい。
生産側も白花ミツバツツジという流通名で売り出してしまい、それ以上の情報が得られなくなってしまう。

名前が分からないというのも謎が多くて良いが、
私は品種交配が趣味なので出来れば細かい分類を知っておきたい。