どうしようもない土壌をどうにかする

2020年02月15日
山の記録

伐採ゴミ

見渡す限り見事に荒れ山だ。

何時かはこの山を花木で埋め尽くそうと考えているが、
どうしようもない問題が散見していて何から手をつけていいやら迷いに迷う。

迷うのだが、まずは植物を植える為に根本的な問題を解決しなければならない。

砂利だらけの地面

このどうしようもない程に絶望的な土壌である。
石や瓦礫が所狭しと転がっており、植栽がどうとか言っている段階ではない。

振り下ろしたスコップが金属音と共に弾かれた時は流石に参った。
これが表面だけならばまだ希望はあるのだが、

砂利だらけの地面

掘ってみると表面から30~60cmは砂利と瓦礫で埋まっている。
最早掘るというよりは削っているという表現の方が正しい。

どうも昔は砂利道だったらしく、それが踏まれ続けた結果下に沈んだのだろう
これではとても花木を植えるどころではない。

瓦礫

しかし、花木で山を埋めるのが私の今の目標なのでどうにかする。
まず開発計画の手始めに、山全体の表層に含まれる砂利を除去することにした。

時間はかかるだろうがこの作業は避けて通れない。
まずは地表の大きな瓦礫を全てどける。

砂利とふるい

その後はひたすら土をすくってふるいにかける。
試しに1日やってみたが、それだけで作業完了には最低でも1ヶ月はかかるだろうと確信した。

これを山全体で行うとするとかなり気が遠くなる話だ。

砂利を除去した地面

大体2メートル程進むのに丸1日程度かかる。

スコップを思い切り振り下ろした時にカツンと音がしない程度が目安だ。
掘るのは良いのだが、除去した砂利を捨て場の崖まで運ぶのにかなりの時間がかかる。

竹の根

それらの作業と並行して竹の根の除去も行う。
元々竹林になりかけていたこの山はどこを掘っても竹の根が山ほど出てくるのだ。

これを取り除いておかないと来年の今頃は再び竹林になってしまう。

日が暮れた山

朝から晩まで延々と土を掘りふるいにかける。
極めて機械的な作業で時間が過ぎて行くが、後のことを考えるとやらない訳にはいかない。

ゴミ捨て場

ちなみに除去した瓦礫や砂利は剪定ゴミと共に画像右端の崖に落として処理する。

これは言ってしまえばボランティア活動なので、とにかく金のかからないように行うのだ。
この山の管理はタダでやるもしくは私の金でやると友人に約束した。

尚友人の名誉の為に書いておくと、友人は報酬を出してくれようとしたのだが私がそれを強く断った。

砂利だらけの地面

一見するとあまり砂利がないように見えるが、モルタルに沈む砂利のように地下に砕石が沈んでいる。
絶望的な景色だ。

ふるい

ひたすら土を掘ってふるいにかける作業を繰り返す。

砂利を除去した土地

放置されていた土地の割りにミミズが極端に少ないのが不思議だ。

砂利が多過ぎて居心地が悪いのかもしれない。
真っ二つにするとかなり罪悪感があるので、いない方が助かる。

砂利を殆ど除去した土地

延々と整地作業を続け、最終的に山全体の砂利を除去するのに必要とした時間は39日だった。
千里の道も一歩からとはよくいったものだ。

私は意地でもこの山を花木で埋め尽くす。