モチツツジ | 雪車(ユキグルマ)

2022年05月26日
ツツジ
雪車の花

開花時期:4月下旬

モチツツジの古典園芸品種。

花車と同じで少なくとも江戸時代から栽培されていたと思われるが、
途中途絶えていたものを栃木県益子町などで発見され再度日本全国に普及した。

本種に限らず一度途絶えたもので園芸家の探索により再発見、再流通されるものは数多い。
偉大な先達らのおかげで今私たちの手元には様々なツツジが集っている。

雪車の花

采咲きで、他のモチツツジ系の采咲き品種と比べると花びらの幅がやや広い。
尚、裂けて分かりにくいがよく観察すると、黄緑色の蜜標が本当にうっすらとだが残っている。

采咲き品種で庭によく使われるのはピンクの花車だが、白が良ければ本種を選べば間違いない。
他に采咲きのモチツツジ系だとピンクの花車、淡いピンクの風車、赤紫色の花火が存在する。


取り扱いについて


特性

花は風変わりだが性質はモチツツジそのままで非常に強健。
日向を好み日光に強く、乾燥にもそこそこ強い。

他のツツジのようにあまり半日陰を意識して植える必要はないが、
乾燥に強いといってもあくまでツツジ基準での強さなので水切れには注意する。

平均的な平戸ツツジよりも僅かに弱いくらいの感覚で扱うと吉。


剪定

萌芽力は強く、刈り込みにもよく耐える。
モチツツジ系は放置すれば樹高が2m程度まで伸びるので、好みによって都度剪定を行う。

平戸ツツジ程ではないが新芽がよく伸びるので、樹高を抑えたければ手遅れになる前に枝を落とす。
若い株はそれ程でもないが、ある程度育つと新枝の成長が急加速する。


雑記


絵1

江戸時代の文献に出てくる古典品種などは歴史の過渡期に途絶えたものも多い。

と、同時に近年の各園芸家の努力や探索、協力者の助力などで再び発見され、
再度園芸品種として蘇った古典品種も沢山ある。

古民家の庭、植物園、個人所有、自然に飲まれかけた廃屋など見つかる場所は多種多様。


絵2

今当たり前に私たちが手にする苗も、そうした苦難を乗り越えてやってきた奇跡の苗だ。
可能な限りまた次へと伝えていきたいものである。

江戸時代の愛好家達もまさか本種が途中途絶える日が来るとは全く考えていなかっただろう。