エゾムラサキツツジ | 白花エゾムラサキツツジ

2022年05月26日
ツツジ
白花エゾムラサキツツジの花

開花時期:3月下旬

エゾムラサキツツジの白花種で有鱗片シャクナゲの仲間。

少しぞっとするくらいに真っ白で、花弁に蜜標は殆どかからない。
正に真っ白な花を咲かせる。

近縁の玄海ツツジ程ではないが花弁が薄く、日光が当たると透けて輝く。

白花エゾムラサキツツジの花

基本種のエゾムラサキとセットで育成を始めたが、
北海道出身の彼らがはたしてこの暑い関東平野で育つのかとそこそこ恐怖していた。

育ててみた感想としては案外いける。
ただし、実際に北海道でも育ててみないと自生地との生育差が分からない。要研究。


取り扱いについて


特性

当初想像していたよりは大分強健で、今のところ葉が萎れたなどの些細な問題も出ていない。
ただし本種の北海道出身に大いに警戒した私は日和って半日陰よりに植えた。

関東平野の夏の直射日光に晒してみる勇気はまだ出ないが、
上の木を透かすなどして太陽に当てる度合いを変えてみたところ、日光にはそこそこ耐性があるように思う。

統計と経験則的に本種の生育、生存には風通しが一番重要だと考える。


剪定

萌芽力は弱く、刈り込むべきではない。
ただ環境が合えば成長速度は良好で、若干弱いミツバツツジという感じで扱える。

有鱗片シャクナゲの中では結構樹高が出る方で、2m程まで育つらしい。

実際にそのサイズまで育った本種を東京で見かけたことはないが、
育てている当個体の成長を見ていると恐らくそのくらいはいくだろう、という目算は立つ。


雑記


絵1

もう山にツツジを植える場所がない。

落葉性のツツジは時に自然との調和を目指して庭に使われるが、もうそんなことは言っていられない。
ついに30~60cmスパンで山のほぼ全ての場所にツツジを植えてしまった。


絵2

でも正直に言うとツツジは綺麗だから何もかもどうでも良くなるのだ。
花も綺麗だが、新芽も紅葉も花のようなものだ。

存在自体が美しい。どこに植えてあっても素晴らしい。
私がくたばったら是非肥料にして欲しい。