琉球ツツジ | 琉球絞り(リュウキュウシボリ)

2022年05月27日
ツツジ
琉球絞りの花

開花時期:5月上旬

花は白地に薄紫の線や点がランダムで入る、二重咲きの絞り咲き。
現存する文書で確認する限り、大正時代には庭で扱われていた古典園芸品種。

絞り咲きをするツツジの中だと絞りの発現が安定しており、
株に咲いた花に絞りが一つも入っていないというような事態はほぼ起きない。

琉球絞りの花

クレープ&バニラのアイスクリームのような色彩で大変可愛いらしい。
食べてしまいたくなる。

尚、絞り咲きの品種は幼苗だと絞りの発現が悪く、株が大きくなるにつれて安定してくることが多い。


取り扱いについて


特性

琉球ツツジは今風に言うと殆どの場合は平戸ツツジのことを指し、かなり強健。

本種もツツジの中では日光に対してかなり強く、
きちんと根付いていれば直射日光の下でもほぼ問題ない。

同じく根付いている上でのことだが、乾燥への耐性もありとにかく育てやすい。
半日陰にも耐えるが花付きが欲しければ日向に植えるのが吉。


剪定

萌芽力は非常に強く、刈り込んでも全く問題はない。

どこから切っても芽を出すが、真夏の時期に強剪定をすると株が大きく弱るので
枝を見せるレベルで剪定を行う時は夏を避ける。

強剪定でなくとも夏頃には既に花芽分化を済ませていることが多く、
梅雨以降に枝先を切ると来年の花が減るので注意。


雑記


絵1

ツツジに限らないことだが、花弁にストライプ模様が入るものを「絞り咲き」と言う。

色のついたシャワーを中心に向けているかのように派手なものから、
ワンポイント程度に色線が数本しか入らないものまで絞りの種類は多種多様。


絵2

しかしツツジで絞りの発現が抜群に安定している品種はあまり多くはなく、
精々が髪のメッシュ程度のものだと捉えていると期待を裏切られることがない。

極端に絞りが発現しにくいものだとその品種が絞り咲きだということを忘れるレベルのものも存在する。
絞りが出た時は崇め奉ろう。