久留米ツツジ | 都美人(ミヤコビジン)

2022年05月28日
ツツジ
都美人の花

開花時期:4月中旬

久留米ツツジの一種で、大正時代に作出。

花はどことなく和を感じさせる朱と白の上品な絞り咲きで、二重咲き。
絞りの発現がかなり安定する品種で、殆ど絞りが出ない花でも朱の色点が付く。

おしべがかなり短く、めしべしか目立たない特長的な花形をしている。

都美人の花

久留米ツツジの中でも殊更小輪だが、多花性で非常に密に咲く。
詰まった蕾が押し合いながら少しずつ開いていく様はとても美しい。

やや遅咲きで、早咲きの久留米ツツジがかなり咲き進んだ頃に満開になる。


写真


特性

日光を好み、日向に強い。
直射日光にも耐えるが株元に日が当たると株が弱るので、特に株が若い内は枯れ葉などで隠すと吉。

久留米ツツジは株が大きくなってもやや乾燥に弱く
夏に降雨が少なかった週は水やりを行うと、やらない場合と比べて秋の元気さが違う。


剪定

刈り込んでも問題ない。
が、よく使われる久留米ツツジと比べると僅かだが成長が遅く、新枝も上に強く伸びる。

丸くしても良いが特性を生かして枝を抜き、木立にして樹形を整えてやるのも良い。


雑記


絵1

色のイメージというのは不思議なもので、配色次第で何やら和風になったり洋風になったりする。
例えば私は紅白を見ると和を感じ、白と紫を見るとアイスクリームしか思い出せない。

これは人によって全く受け取り方が違うだろう。


絵2

しかしあまり気にしていると何も植えられなくなってしまうので、敢えて隣同士で植えるのも良い。

格好をつけて言えば和洋折衷で、有体に言えば花が綺麗なら何でも良い。