ヒカゲツツジ | ピンクヒカゲツツジ

2022年05月29日
ツツジ
ピンクヒカゲツツジの花

開花時期:4月初旬

屋久島姫ハイヒカゲ(有鱗片シャクナゲ)とラセモーサム(有鱗片シャクナゲ)の交配種。

白紫色の花弁に紫味がかったピンクが混じり、気高い陶磁器のような色をしている。
花付きと花持ちは大変良く、咲き進むと色同士の境界線が薄れオーロラのように色づく。

ピンクヒカゲツツジの花

極めて美しい上に有鱗片シャクナゲの中だと扱いがかなり楽な方で育てやすい。
交配親のハイヒカゲよりも日光を好み強健。

ただし直射日光への耐性は個体の樹勢次第でかなり変わるので、
株が若い頃にリスクを避けるのならば明るめの半日陰に植えるのが吉。


写真


b_pinkhikagetutuzi_1.jpg


取り扱いについて


特性

日本シャクナゲよりはかなり強く、西洋シャクナゲより若干弱い程度の扱いになる。
つまりはかなり育てやすい。

有鱗片シャクナゲは大抵が春秋冬の日差しを好み、夏の直射日光には弱いので
丁度夏の日差しを遮ってくれる落葉樹の下などに植えると大体が上手く育つ。

ただし日除けの塩梅を間違えると枯れはしないが花も殆ど咲かないというような状況になるので、
そうなった時は植え場所を少しずつ太陽に近づけて調整すると良い。


剪定

刈り込めないことはないが、出来れば剪定で鋏を入れたい。
程々に枝を透かしつつ樹高を抑える程度に新枝と旧枝を入れ替える。

萌芽力は若干弱いが落葉性ツツジのような弱さではないので、
途中で枝を切っても何とか芽が出てくる。

どうしても剪定の仕方が分からなければ花後に弱めに刈り込んでしまっても良い。


雑記


絵1

どうしてここまで美しいのか不思議なものだ。

配色的には交配親のラセモーサムが強いのだが、
ハイヒカゲで薄まったのか色が混ざってオーロラのようになっている。

絵2

美し過ぎて泣けてくる。
物理法則を捻じ曲げて地上にオーロラが出現したようなものだ。

これを容易に栽培出来るなど奇跡でしかない。
眺めていると歌でも歌いたくなる。