ヒカゲツツジ | ピンクヒカゲツツジ

2022年05月29日
ツツジ
ピンクヒカゲツツジの花

分類:ヒカゲツツジ (常緑樹 / 有鱗片シャクナゲ)
名前:ピンクヒカゲツツジ (ピンク日陰ツツジ)

開花期🌸:4月上旬
4月上旬から下旬にかけて花を咲かせる。
育成難度
有鱗片シャクナゲの中では強健な品種。
基本種のヒカゲツツジよりも明らかに高温に強く、真夏に枝枯れを起こしにくい。
有鱗片シャクナゲ的な弱り方をしにくく、ヒカゲツツジとはほぼ別種のような扱いが出来る。
ただし真夏の直射日光が長時間連続して当たるような場所には植えない方が良い。

暑さ🌞 : やや弱い。真夏の直射日光が当たらない明るい半日陰に植えるのが理想。
寒さ⛄ : 強い。東京では気にする必要がない。
乾湿💧 : 乾燥に弱くやや、湿気を好む。

自生地 : 無し (日本の園芸品種)

品種登録 : ❎
商標登録 : ❎
在庫状況 : ❎


概要


ヒカゲツツジの園芸品種で、屋久島姫ハイヒカゲとラセモーサム(両種有鱗片シャクナゲ)の交配種。
白紫色の花弁に紫がかったピンク色が混じり、気高い陶磁器のような色をしている。

花付きと花持ちも良く、咲き進むと色同士の境界線が薄れオーロラのように色づく。
また、日当たり次第で更に色加減が変わっても見え非常に美しい。


ピンクヒカゲツツジの花

極めて美しい上に気難しい有鱗片シャクナゲ類の中だと扱いが楽で育てやすい。

こうした有鱗片シャクナゲの園芸種はちょくちょく真夏に株ごと原因不明の突然死を起こしたり
枝枯れしたりと全く気を抜けないが、本種は夏に衰弱どころか成長を見せてくれる強健種。
上手く根付いていれば毎年着実に大きくなっていく。

ただし、あくまで有鱗片シャクナゲの仲間である以上は東京の真夏の直射日光には当てない方が良い。
最近の東京はバナナですら葉焼けを起こす勢いである。


写真


ピンクヒカゲツツジの花2 ピンクヒカゲツツジの花2

咲き進みと日当たりで色がころころと変わり、顔を見る度に違って見える。


取り扱いについて


特性

有鱗片シャクナゲの中では強健で多花性。
基本種のヒカゲツツジと比べてやや小輪だが花付きが良く、有鱗片シャクナゲらしくない程密に咲く。

通常のヒカゲツツジと比べて樹勢が上がり全体的に耐性が上昇していて、
特筆して夏に弱りにくい点は素晴らしい。

西日が強烈に当たるような場所でなければ真夏の日光にも短時間なら耐えるが、
リスクが高いので適度に明るめの半日陰に植えると良い。
根元をマルチングすると尚良し。


剪定

ヒカゲツツジよりも枝振りが密で樹形はツツジに近く、
刈り込めないことはないと思うが出来れば剪定で鋏を入れたい。
花後のタイミングで程々に枝を透かしつつ、好みのサイズで樹高を抑える。

萌芽力は若干弱いが落葉性ツツジのような弱さではないので、
途中で枝を切っても割と芽が出てくる。

どうしても剪定の仕方が分からなければ花後に弱めに刈り込むと良い。
シャクナゲ程葉が大きくはないので、恐らく何とかなるだろう。


雑記


絵1

どうしてここまで美しいのか不思議なものだ。

配色的には交配親のラセモーサムが強いのだろうが
ハイヒカゲの血で化学反応を起こしたのか育てやすくなり、花数も多くなっている。
端的に言って美しい。


絵2

美し過ぎて泣けてくる。
物理法則を捻じ曲げて地上にオーロラが出現したかのようだ。

これを容易に栽培出来るなど奇跡でしかない。
眺めていると世界を讃える歌でも歌いたくなる。


関連記事