中国原産ツツジ | ホンコンエンシス(hongkongensis)

2022年05月29日
ツツジ
ホンコンエンシスの花

開花時期:4月上旬

中国を原産地とするツツジ。
少し暗みがかった淡いライトピンクの花を咲かせる。

花弁はとても分厚く重厚で、色と合わせて非常に上品な印象。
葉と花の性質は愛媛県の極一部に自生するトキワバイカツツジによく似る。

ホンコンエンシスの花

詳しい来歴は殆ど不明だが性質は至って強健で扱いやすく、日向にも半日陰にも適応する。

とても育てやすく花が美しいながらも、私が育てている個体以外を街の庭で見かけたことはまだない。
ネットなどで苗もそこそこ流通しているように思えるのだが、まだ知名度が足りないのだろう。


取り扱いについて


特性

日光にはそこそこ強く日向を好む。
ただし株が若い内、もしくは樹勢が悪いと新芽が焼けることもあるので注意。

東京の夏の日差しにも耐えるが、きちんと根付くまではやはり葉が焼ける。
半日陰にも耐えるので、不安なら半日陰から日向に少しずつ動かして様子を見るのも有り。


剪定

萌芽力は強くも弱くもないくらいで、なるべく刈り込みではなく鋏で剪定を行った方が良い。
縦に向けて強く新枝を出すので、枝を横に誘引してやると見た目が良くなる。

育ち方としてはセイシカやトキワバイカツツジとほぼ同じで木立になっていく。

急激に成長をするタイプではないが、放っておけば4mを越えるサイズまで育つ。
手がつけられなくなる前に理想の樹高を想定し、剪定したい。


雑記


絵1

本種の来歴は不明だが、見れば見る程トキワバイカツツジに似ている。

トキワバイカツツジは日本の固有種で、愛媛県宇和島市にしか自生していないかなりの希少種。
それと本種がどうしてここまで類似しているのかは興味深い。


絵2

本種は中国からやって来たということしか分からないツツジである。

湖南省原産の「湖南の月」というツツジが本種とそっくりなので、
原産地は中国の中南部辺りなのかもしれない。

とにかく情報が少な過ぎるので、何時かは直接現地に行って調べてみたいものだ。