岸ツツジ | 若鷺(ワカサギ)

2022年05月29日
ツツジ
若鷺の花

開花時期:4月中旬

岸ツツジの園芸品種。
古典園芸種で江戸時代の文献「花壇綱(1681)」にも記述があるなど歴史は古い。

花弁は白に近い淡いピンクで中心に薄紫の線が入り、
咲き進むと色同士が溶け合って非常に幻想的な色合いに変化していく。

そうして色が変化した後に日が当たると上記の画像どおり宝石のように輝いてくれる。
控えめに言って宝石よりも美しい。

若鷺の花

花弁は6枚が基本だが時折僅かに少なかったり多かったりする。

岸ツツジらしい育てやすさで近縁のモチツツジとほぼ同レベルの強健さを持ち、
花のサイズもよく見かける平戸ツツジに負けない程に大きい。


写真


b_kisitutuzi_wakasagi_1.jpg


取り扱いについて


特性

大体の特性が近縁のモチツツジに準じ、かなり強健。
更に強健な平戸ツツジ類と比べると若干日差しには弱いが、殆ど誤差である。

株が育っていれば夏の直射日光にも耐えるが、
根元に日が当たると株が弱るので枯れ葉などで隠すと吉。


剪定

萌芽力が強く、刈り込んでも全く問題はない。
枝が折れるようなことがあっても急いで新芽が生えてくる。

平戸ツツジと比べると大きくならず、樹高は1m弱程で収まるので管理がしやすい。


雑記


絵1

美しい上に強い。それは最強である。
初めて本種が花を咲かせた時、私はワンパンKOだった。

舞い上がり、一番花を囲んで馬鹿みたいに同じ角度から何度も写真を撮った。


絵2

他に似た色合いをしているツツジ類はピンクヒカゲツツジくらいだが、
こと扱いやすさでは本種が上を行く。

是非世界中の庭に植えて欲しい。
美し過ぎてもう少し世界が平和になる筈だ。