久留米ツツジ | 紫水晶(ムラサキスイショウ)

2022年05月29日
ツツジ
紫水晶の花

開花時期:4月上旬

久留米ツツジの一種で、作出年月は不明。

花は藤色がかった淡いピンクで、花弁の中心は強めの黄緑色をしている。
二重咲きで花弁が厚く、この色調の系統では珍しく咲き進んでも色同士が溶けずにくすむ。

紫水晶の花

その僅かにくすんだ花色が名前どおりに紫水晶を想起させ美しい。

花弁のふちがピンクで強調されたツツジは多いが
僅かに暗めの色合いを持つ本種は個性が強く、咲き終わりの頃には独特な暗紫色になる。


取り扱いについて


特性

久留米ツツジらしい強健さを持つが、本種の大きな苗が手に入ることは稀。
故に土地に根付くまでは真夏の直射日光などにはあまり当てない方が良い。

よく根付いた上でならばたいへん日差しを好む。

苗が小さい内は乾燥に対してなるべく用心した方が良い。
一度水切れさせてしまうと新芽から駄目になり、半年分ほどの成長が水泡に帰す。


剪定

萌芽力が強く、刈り込んでも問題ない。

注意すべき点として、梅雨を越える頃には花芽分化が済んでいることが多く
初夏以降に剪定を行うと翌年の花が激減する。

花後すぐに剪定を行い、それ以降は木のラインから大きく逸脱したものだけを切ると吉。


雑記


絵1

くすんだ色というのは罵りにもなりそうな表現だが、本種には褒め言葉になる。

この絶妙に透き通らない感じの色は正に原石よりの紫水晶だろう。
花弁が厚く日差しを受けても輝かないのがまた、その印象に拍車をかけている。


絵2

咲き終わる頃にはかなり色あせてくすんだ薄紫色になるが、
これも見方によってはそういう紫水晶の原石に見える

名は体を表すというが、とても良い名前をつけたものだ。