崩れた坂を修復する

2020年03月02日
山の記録

崩れた崖

最近、いつかこの荒地を花木で埋め尽くす計画の手始めとして、
39日を消費し山中の砂利を除去することに成功した。

続き、これからの山の管理における課題は何かといえば地崩れだろう。

横から見た崩れた崖

元々は竹に飲み込まれていたこの山だったが、それらが風に煽られると度々地崩れを起こしていた。

特に画像中心辺りの地崩れ部分にはとりわけ高い竹が生えており、
去年の台風の日に風に煽られ見事に地崩れを起こしたのである。

崩れた崖

重機を入れられれば早いのだが、動線がかなり悪い上にここから重機置き場までの距離が200m以上もある。

ここはシンプルかつ原始的に、スコップで坂を修復しようと思う。
私はユンボと違ってガソリンも必要としない。

削られた崖

作業内容としては土が道路にはみ出た部分を削ってテミに乗せ、上に放り投げる。
ひたすらその繰り返しだ。

衝撃で更に崩れないことを願いながらスコップを振り下ろす。

削られた崖

その内、スコップで土をそのまま上に放り投げた方が早いことが分かった。
作業がより簡易化され、回転数が上がる。

削られた崖

無心で土を削っては放り投げる作業を続ける。
2月だというのに夏のように汗をかいており大変愉快。

修復部分

大分削れた。
しかし見事に崩れたものだと思う。

殆ど誰も通らない道だったので、誰も困らなかったのが幸いだった。
軽快に通れる道になったのは今年からである。

崩れた崖

更に削れた。
崩れることもなく、良い速度で修復作業が進んでいる。

道路

土底に埋まっていたコンクリート道路の端が見えた。
これが見えれば殆ど修復完了は間近である。

坂

上記の底が見え、間をおかずに崩れた坂の修復が完了した。

しかしこのまま何もせず梅雨を迎えれば再び崩れることは請け合いである。
竹で煽られて崩れることはなくとも、土を繋ぎとめる植物の根が何もない状況も中々不味い。

ツツジの苗

修復作業が非常に早く終わったので、花屋に向かい特に何も考えずツツジを買ってきた。

私はツツジが好きだ。
何故かというと綺麗だからである。

ツツジ

素晴らしい。

ツツジ

それ故に周りの殺風景が際立つ。

これでは文字通り荒野に咲く一輪の花だ。
何れはどこを見ても花が咲いているような光景を作る。