交配系ツツジ | はるか

2022年05月29日
ツツジ
はるかの花

開花時期:3月下旬

白花タンナゲンカイツツジ(有鱗片シャクナゲ)と有鱗片シャクナゲの交配品種。

とても淡々しく朧げで形容のし難い色をしている。
モチ・岸ツツジ系のピンク色とも違い、藤色を薄くしたようなパステルカラーが非常に神秘的。

薄い花弁は光が当たると透き通り色がコロコロと変わって見え、何れも唯一無二の幻想的な花色を誇る。

はるかの花

同色のツツジは他に存在しないと言い切れるくらいに個性のある色合いをしており、
日差し次第でかなり花色の見え方が変わる。

タンナゲンカイツツジと掛け合わせた品種の詳細は不明だが、
花弁の薄さ丸さなど花の特徴的にはタンナゲンカイツツジの影響が強く出ているように見える。


写真


はるかの花2 はるかの花2


取り扱いについて


特性

新しい品種で情報が少ない。
試しに複数個体を日向日陰など条件別で植えたが、今のところ全てが元気に生育している。

真夏をもう幾度か経験させた後に結論を出そうと思うが、
今の所は有鱗片シャクナゲの中でも強健寄りでかなり扱いやすい。

少なくとも日光への耐性は中々高いものと思われる。


剪定

同じ有鱗片シャクナゲで例えるとゲンカイやエゾムラサキのように縦に伸びる育ち方をする。
従って刈り込みは行わずに鋏で手を入れた方が良い。

萌芽力に関しては調査中だが、同じ有鱗片シャクナゲ交配系でも
吉野ツツジのような強さは持っていないように感じる。要調査。


雑記


絵1

その朧げかつ幻想的な色合いは、カタログで知っていながらも始め幽霊と見紛うような衝撃を受けた。
いざ咲いた花を目の前にしても、とても現実に存在しているとは思えない。

私も色々と育てているが中々見たことのない色合いだ。


絵2

見つめていると吸い込まれそうになるような、本当に透き通ったラベンダーピンクをしている。

その上でタンナゲンカイツツジから受け継いだ花弁の薄さは宝物で、
日光が当たると色を変えて宝石のようにキラキラと輝く。

この世に本種が生まれてきてくれたことに感謝。