平戸ツツジ | 貴婦人(キフジン)

2022年05月31日
ツツジ
貴婦人の花

開花時期:4月中旬

平戸ツツジの一種。

淡い薄ピンクの花弁を濃いピンクが縁取っている状態で咲き始めるが、
咲き進むにつれてピンク同士が溶け合って画像のような色合いに変化していく。

その状態で花弁に陽光が当たると煌々と輝き、極めて美しい宝石のような花になる。

貴婦人の花

本種は平戸ツツジであることから、枯らす方が難しいレベルで強く扱いやすい。
これだけ美麗な花を咲かせつつ強健だなんて最強である。

唯一の注意事項は半日陰に植えると花が激減することで、可能な限り日向に植えたい。
尚、西洋シャクナゲの「貴婦人」とは同名だが別物。


写真


b_kihuzin_1.jpg


取り扱いについて


特性

平戸ツツジらしく非常に強健で扱いやすい。
樹勢が良ければ真夏の直射日光にも耐え、葉が繁って根元が隠れていれば乾燥にも耐える。

ただし全ては株が土に根付いていることが前提で、植えて1年程は水やりなどの世話を欠かさない方が良い。

ちなみに若干耐陰性が低く、半日陰だと株が枯れることはないものの花数が露骨に減る。


剪定

萌芽力はかなり強く、刈り込んでも全く問題ない。
毎年旺盛に新枝を出し、剪定鋏で管理するのが大変なくらいには新芽を出す。

大きなサイズの本種を見かけたことはなく断言は出来ないが、
平戸ツツジ類なので放置すれば樹高は最低でも1mを越すと思われる。


雑記


絵1

本種に限らない事だが、こういう二色系の色調を持つ花が咲き進むと
二つの色が溶け合ってガラっと印象が変わることが良くある。

これはネットショップのサムネイルなどだと確認出来ないことが多く、
自分で育てて初めてこんなに美しい花だったのかと気が付かされることが多い。

逆に咲き進んだ花だけがサムネイルになっているパターンもあり、
その場合は咲き始めの花色がサムネイルと違い過ぎて驚かされる。


絵2

開花から十日くらいを境目に、少しずつ白い部分とピンクの部分が混ざり合っていく。
完全に色が混ざり合うと最早咲き始めとは別の花だ。

やたらと色がクリアになり、透き通ったような不思議な雰囲気になる。
そこに太陽の光が当たるともう宝石だ。