ゲンカイツツジ | ゲンカイツツジ

2023年08月25日
ツツジ
ゲンカイツツジの花

分類:ゲンカイツツジ (落葉樹 / 有鱗片シャクナゲ)
名前:ゲンカイツツジ (玄海ツツジ)

開花期🌸:3月上旬
ツツジの中ではかなり早咲きでエゾムラサキとほぼ同時に開花する。
育成難度
他の強健なツツジと比べると繊細で扱いは若干難しいが、有鱗片シャクナゲ類の中ではかなり強健。
短時間なら真夏の直射日光にも耐え一定の条件下では平戸ツツジと同レベルの乾燥への耐性も見せる。
ただし、季節ごとに見せる危険信号を見逃さないことが大事でそれが若干難しい。

暑さ🌞 : 少し弱い。あまり強烈な西日には当てない方が良い。
寒さ⛄ : 強い。東京では気にする必要がない。
乾湿💧 : 乾燥にやや弱く若干の湿気を好む。

自生地 : 日本【九州】 朝鮮半島南部 (変種 / 日本在来種)

品種登録 : ❎
商標登録 : ❎
在庫状況 : ❎


概要


朝鮮半島に自生するカラムラサキツツジの変種で、対馬から玄界灘を望む地域を中心に分布する。
花は非常にすっきりとしたやや赤っぽい薄紫色をしており、
花弁は裏の景色が透けて見えるのではないかと錯覚する程に薄い。

陽光が当たると透き通った花弁が煌き、まるで宝石かのような輝きを見せる。
この輝きは主にゲンカイツツジで見られるもので、本種の花の色違い品種系もそれぞれ同じ発色をする。
本種の変種であるタンナゲンカイツツジも同様。


ゲンカイツツジの花

有鱗片シャクナゲの中では育てやすく、日差しにも乾燥にもある程度の耐性を示す。
真夏が灼熱地獄になりがちな東京においても育てやすい有鱗片シャクナゲなのではないかと思う。

有鱗片シャクナゲ特有の真夏の枝枯れ、株枯れも起こしにくく、
ある程度連続して真夏の直射日光を受けても他の有鱗片シャクナゲと比べて弱りにくい。

4月上旬頃に新芽が展開するが、新芽が固まるまでに日差しが強過ぎると負けてしまうことがある。
確認して萎れていたら葉を含めて株に水をかけると良い。


取り扱いについて


特性

有鱗片シャクナゲの中では強健で育てやすい。
注意する点としては耐陰性が低く、あまり暗い場所に植えると木は育つが露骨に花数が減る。

その為に本種はなるべく日が当たる場所に植えるべきで、最低でも半日は日が当たる場所が好ましい。
出来れば西日は避け、日差しがある環境に植える時は根元を落ち葉などで覆うと良い。

尚5月頃から本種の葉をやたらと好んで食害するゾウムシが付く。
彼らは余程本種を気に入っているらしく、えげつない勢いで全てを食らい尽くすので必ず適当な殺虫剤を撒くか捕殺する。

殆どの有鱗片シャクナゲを東京で育てる上で問題になるのは真夏の環境だが、
本種を育てる上で意外と問題になるのはこのゾウムシかもしない。


剪定

萌芽力は強くなく、刈り込まない方が良い。
ただし植えてから2、3年経ち環境と樹勢が良いと株元や枝元から案外新芽を出すので
樹勢が極端に弱い方という訳ではない。

あまり枝は分岐せず、縦に強く伸び横にはあまり広がらない。
樹高を抑える場合は伸びた枝を根元から切り、下から出てきた枝を残すという作業を繰り返す。

尚、花後に花がらを取ると結実せず樹勢が弱らない。
他のツツジと比べても本種の結実は樹勢を弱らせる原因となるので注意する。


雑記


絵1

知識の中にのみあったものが実際に育てた上で印象が変わるというのはよくあるが、
本種はその代表で樹勢は病弱のイメージから小麦色のマッスル(弱点は喘息)まで変わり
現実で目にした花は花弁の恐ろしい程の薄さから日差しが当たると透明感を伴って輝き宝石の如くである。

どんなものでもやはり、現実で取り扱ってみなければ分からないものだ。


絵2

特にこの花弁の輝きの美しさはゲンカイツツジ特有のもので美しいことこの上ない。
日差しや角度でも若干色が変わり、花弁の向こうが透けて見える勢いだ。

幻想的と言わざるを得ない。あまりにもキラキラとし過ぎている。
そして日が当たっていない時の落差も素晴らしい。

尚、繊細な花を持つ割に意外と花持ちが良いのも素晴らしい。


関連記事