チョウセンヤマツツジ | 淀川ツツジ

2024年05月08日
ツツジ
淀川ツツジの花

分類:チョウセンヤマツツジ (半落葉樹)
名前:淀川ツツジ (ヨドガワツツジ)

開花期🌸:4月中旬
概ね4月の中頃頃に開花を始める。
育成難度
基本種と樹勢は変わらず日差しや乾燥に耐性があって育てやすいが、
あまり一日中直射日光が降り注ぐような場所には植えない方が良い。
出来れば若干湿っていて乾燥し過ぎないような土地が良く、
リュウキュウツツジ類よりは若干繊細であるくらいの認識で育てる。

暑さ🌞 : やや強い。根付いていれば真夏の直射日光にもまあまあ耐える。
寒さ⛄ : 強い。東京では気にする必要がない。
乾湿💧 : 乾燥にやや弱く若干の湿気を好む。

自生地 : 無し (日本の園芸品種)

品種登録 : ❎
商標登録 : ❎
在庫状況 : ✅


概要


チョウセンヤマツツジの園芸品種。
クロフネツツジと並んでツツジの女王と称されることもある。

八重咲きでおしべもめしべも手当たり次第に花弁化し、華やか極まった晴れ晴れしい花を咲かせる。
花の個体や樹勢によって花弁の枚数に若干ばらつきが出るが、
花弁が減ってもおしべの名残のようなものはほぼ確認出来ない。

花によっては八重咲きを通り越して千重咲きのような、正に豪華絢爛たる偉容を誇る。
最早凄まじいとしか形容出来ない。


淀川ツツジの花

花色はやや青味のある赤紫色で、例えるならば大紫ツツジ系の色とは全く違う。
日差しに照らされた状態で観察するとやや赤が目立ち、状況次第で違う色を見せてくれる。

常緑、半落葉系のツツジの中では花弁の厚さが非常に薄く、
陽光に当たると光が花弁を通り抜け、非常にぼんやりとではあるが後ろが透けて見えさえする。

一歩違えばけばけばしくなってしまいそうな程に属性過多な本種であるが、
花弁の薄さや花色のバランスで絶妙な豪華さに収まっている。


写真


淀川ツツジの花2 淀川ツツジの花2

花弁の数は花によって千変する。


取り扱いについて


特性

日差しには強いが、あまり極端な直射日光には当てないようにしたい。
真夏以外は一日中日に当たっても元気だが、
特に東京の真夏においては条件や樹勢次第で葉焼けをする。

西日でも12時から夕方まで日光が当たり続けるというような環境でなければ耐えるので、
気負わず程ほどの日向に植えると良い。

流通する苗木は40cm程のものが多く体力があり、
植えてから根付くまで夏の水やりさえ欠かさなければ特に失敗することはない。


剪定

萌芽力はまあまあ強く、他の常緑、半落葉ツツジ類には負けるものの
刈り込みには耐えると思われる。

元気が良いと他のツツジ類と比べても負けないレベルで
株の根元からひこばえを大量に出すので、刈り込まない場合は処分し続ける。
樹形を株立ちにするのならば残しても良い。

基本的に成長は穏かだが時折非常に元気の良い新枝を出し、
条件が良いと中々の速度で成長する。


雑記


絵1

本種はクロフネツツジと並んでツツジの女王と呼ばれるだけあって、美しさに天井がない。
数え切れない花弁の多さ、一見よく見る赤紫色にみえてその実は特有の紫色。
花の形は一つの木でころころと変わり、花のサイズも大輪寄りである。

これは女王が二人いるのも納得というものだ。
甲乙つけ難く、とても優劣など決められたものではない。


絵2

最早美しさの頂上決戦である。
私はどちらにも既に敗北しており結果に干渉出来るものではない。

これからも双方の魅力を発信していきたいものだ。
こんなに美しいというのに庭で見かけることが少な過ぎる。


関連記事