トーカイテイ行

玉川学園で植木屋をしつつ山の管理などをしている。その記録。

久留米ツツジ | 都美人(ミヤコビジン)

久留米ツツジ | 都美人(ミヤコビジン)

開花時期:4月中旬久留米ツツジの一種で、大正時代に作出。花はどことなく和を感じさせる朱と白の上品な絞り咲きで、二重咲き。絞りの発現がかなり安定する品種で、殆ど絞りが出ない花でも朱の色点が付く。おしべがかなり短く、めしべしか目立たない特長的な花形をしている。久留米ツツジの中でも殊更小輪だが、多花性で非常に密に咲く。詰まった蕾が押し合いながら少しずつ開いていく様はとても美しい。やや遅咲きで、早咲きの久...

琉球ツツジ | 琉球絞り(リュウキュウシボリ)

琉球ツツジ | 琉球絞り(リュウキュウシボリ)

開花時期:5月上旬花は白地に薄紫の線や点がランダムで入る、二重咲きの絞り咲き。現存する文書で確認する限り、大正時代には庭で扱われていた古典園芸品種。絞り咲きをするツツジの中だと絞りの発現が安定しており、株に咲いた花に絞りが一つも入っていないというような事態はほぼ起きない。クレープ&バニラのアイスクリームのような色彩で大変可愛いらしい。食べてしまいたくなる。尚、絞り咲きの品種は幼苗だと絞りの発現が悪く...

ゲンカイツツジ | 白花玄海ツツジ

ゲンカイツツジ | 白花玄海ツツジ

開花時期:3月下旬玄海ツツジの白花品種で有鱗片シャクナゲの仲間。不気味なくらいに白く、背景が透けて見えるかと錯覚する程に花弁が薄い。特に太陽が当たると幻想的なまでにキラキラと輝き透ける。まるでホワイトサファイアのようで、この輝きは玄海ツツジでしか見ることが出来ない。エゾムラサキツツジの白花とは造形がかなり似るが、本種の方が剣弁。角度を変えると尖って星型のようにも見える。上述したが花弁の薄さが一番の...

エゾムラサキツツジ | 白花エゾムラサキツツジ

エゾムラサキツツジ | 白花エゾムラサキツツジ

開花時期:3月下旬エゾムラサキツツジの白花種で有鱗片シャクナゲの仲間。少しぞっとするくらいに真っ白で、花弁に蜜標は殆どかからない。正に真っ白な花を咲かせる。近縁の玄海ツツジ程ではないが花弁が薄く、日光が当たると透けて輝く。基本種のエゾムラサキとセットで育成を始めたが、北海道出身の彼らがはたしてこの暑い関東平野で育つのかとそこそこ恐怖していた。育ててみた感想としては案外いける。ただし、実際に北海道で...

モチツツジ | 雪車(ユキグルマ)

モチツツジ | 雪車(ユキグルマ)

開花時期:4月下旬モチツツジの古典園芸品種。花車と同じで少なくとも江戸時代から栽培されていたと思われるが、途中途絶えていたものを栃木県益子町などで発見され再度日本全国に普及した。本種に限らず一度途絶えたもので園芸家の探索により再発見、再流通されるものは数多い。偉大な先達らのおかげで今私たちの手元には様々なツツジが集っている。采咲きで、他のモチツツジ系の采咲き品種と比べると花びらの幅がやや広い。尚、...

ミツバツツジ | 八重咲き白花ミツバツツジ

ミツバツツジ | 八重咲き白花ミツバツツジ

開花時期:4月初旬ミツバツツジの八重咲き白花種。ベースは二重咲きだがおしべがランダムで花弁化して八重咲きになる。ミツバツツジは元の造形が細く、八重になっても繊細なイメージを残していて大変美しい。それぞれのミツバツツジに白花品種が存在するが、八重の場合はコバかハヤトが多い。本種はコバノミツバツツジの八重咲き品種。白花になるとミツバツツジの品種の違いは殆ど葉と開花時期だけになる。写真取り扱いについて八...