トーカイテイ行

玉川学園で植木屋をしつつ山の管理などをしている。その記録。

ミツバツツジ | 白花ミツバツツジ

ミツバツツジ | 白花ミツバツツジ

開花時期:4月初旬ミツバツツジの白花品種。蜜標の色素が薄く、白系のツツジの中でも殊更白く見える花色が大変美しい。ミツバツツジは進んで縦に伸びて木らしい樹形になろうとするので、平戸、久留米ツツジなどとは全く違った樹容のツツジになる。尚、当個体は枯れかけていた根巻きを知人に譲って貰ったものであり、どのミツバツツジの白花種なのかは不明。白花系のミツバツツジは大体早咲きで大まかにコバかハヤトに分かれるが、...

NO IMAGE

久留米ツツジ | 白妙(シロタエ)

開花時期:4月中旬久留米ツツジの一種で作出年月は不明。一番の特徴はとても久留米ツツジとは思えない花付きの少なさで、現代で使われるツツジの中だと逆・花付き部門で頂点を狙えるかもしれない品種。その上で小輪白花かつ花の造形がほっそりとしたラッパ型なので、殊更開花期の花数が際立つ。しかしその線の細さこそが本種最大の魅力。株を花で覆い尽くさない久留米ツツジというのは逆に唯一無二の部類に入り、遠く見た時に抱く...

久留米ツツジ | 白雪(シラユキ)

久留米ツツジ | 白雪(シラユキ)

開花時期:4月上旬明治時代に作出された久留米ツツジの一種。小輪で非常に多花性。開花期は花が株を埋め尽くすように咲く。ツツジのシンプルな白花品種であれば、樹高が小さいものが良ければ本種。大きいものが良ければ白孔雀(平戸ツツジの白花)で良い。どちらも強健で一重の多花性である。本種はまさかのあの常夏の枝変わり。咲き分け絞り咲き、一つの株で3色以上の花を咲かせる極彩の常夏から一転、非常に楚々とした実にツツ...

久留米ツツジ | 暮の雪(クレノユキ)

久留米ツツジ | 暮の雪(クレノユキ)

開花時期:4月上旬江戸時代に坂本元蔵氏によって作出された久留米ツツジ。白花の二重咲きで花の中心は淡い黄色。存外黄色の主張が強く、真っ白とは程遠い特徴のある色合い。古典品種で、江戸時代から現代まで庭に使われ続ける美しさを持っている。4月中頃に小輪の白花二重咲きを見たら大体が本種で間違いない。久留米ツツジで似た品種に剣弁の「白牡丹」が存在するが、現代では殆ど見かけなくなってしまっている。取り扱いについて...

ヤマツツジ | さわゆき

ヤマツツジ | さわゆき

開花時期:5月上旬ヤマツツジの白花種で、白花系で縦に伸びるツツジの中だと非常に扱いやすい。真っ白な花弁に黄緑色の蜜標がかかり、青空にとても良く映える。名は体を表すというが、良い名前だと思う。ただし名前については白花ヤマツツジのことを「さわゆき」と呼んでいるのか、ヤマツツジの白花品種の選抜種を「さわゆき」と呼んでいるのかは不明。要調査。ヤマツツジにしては花付きが良い気もするが、それが品種特性、もしく...

久留米ツツジ | 雪牡丹(ユキボタン)

久留米ツツジ | 雪牡丹(ユキボタン)

開花時期:4月上旬大正時代に桑野養盛園で作出された久留米ツツジの傑作。花弁が非常に分厚い白地の二重咲きで、花の中心部は強く黄味がかっている。おしべが半花弁化して唐子咲きに近い形態になっており、一見すると八重咲きにも見えとても豪華。色造形が特徴的で、花の一つ一つが非常に目立つ。ツツジの白花は他の色の引き立て役にされがちだが、本種は間違いなく単体で主役を張ることの出来る器を持っている。枝先で分厚い花が...